読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつたけのブログ

世界の片隅で愛を避ける孤独なキノコの魂の叫びを聞け!…聞いてください(◞‸◟)猫とマンガとアニメと嵐をこよなく愛するまつたけによるまつたけのブログ

麻薬や脱法ドラッグについて思うこと

麻薬や脱法ドラッグの話。人間にとって本当の幸福とは何なのか?芸能人が薬に溺れるんじゃなくて芸能人も薬に溺れるだけ。酒も脱法ドラッグ。僕自身の幻覚性サルビア、幻覚サボテン、アブサン体験談。キメセクの誘惑。人間の幸福は快楽物質によって決まるも…

ネットには暇人しかいない

ネットでよく見かけるわざわざ他人事に首突っ込んで批判することでしか自分の空虚さを埋めたり暇も潰せない人たち。自分で自分の暇や退屈も潰せないことが諸悪の根源。だから無関係なはずの他人を偉そうに批判して自分は何様のつもりなのか大威張りでいるア…

宇宙最大の冗談

宇宙最大の謎、最大の冗談、あるいは最悪の悪夢の話。自分は存在しない?「我思う。ゆえに我在り」なら、「我思わず。ゆえに我無し」になったりもするんだろうか?これまで自分が自分だと思っていた存在がただの勘違いや錯覚でしかなく、本当は存在していな…

死と陶酔と椎名林檎のNIPPON

椎名林檎のサッカーワールドカップテーマ曲NIPPONの歌詞が右翼的とかキモいとか批判されてるけど曲自体は普通にいつもの椎名林檎節だと思う。どこか近くにある死の感覚と、だからこそこの瞬間に際立つ生の充実感って前々からの椎名林檎のテーマだと思う

愛についての仮説

愛って何?きっとセックスもドラッグも、全部愛のはかない代償物でしかない。代償というか、セックスやドラッグを砂糖とするなら、愛というのは「甘さそのもの」なのだ。僕たちはそれがほしくて、わずかばかりの砂糖を必死になって舐めている

ピンポン6話が素晴らしすぎた(´;ω;`)

松本大洋の原作を上回るくらいアニメのピンポンが好き。才能ないけど真面目で不器用なアクマが好き。光と影の明暗は明らかだけど、影でもしあわせは見つけられる。「才能ない奴はがんばれ」じゃなくて才能ある奴はがんばれ。敗北していった奴らほど人間的で…

「子供に夢を託すな」って子供に歌わせるな

「子供に夢を託すな」って歌詞を子役に歌わせるリクルートのリクナビNEXTのCMがうざいし不快。子供に夢を託す大人より「子どもに夢を託すな」って子供に歌わせてるリクルートの方がよっぽどキモい。「子供に夢を託すな」って大人の都合で子供に歌わせてる感…

損得勘定で生きるな。好き嫌いの感情で生きろ

どうも。20年間無敗の伝説の雀鬼・桜井章一を崇める会会長のまつたけです。今日はそんなGJS(グレート・ジャンキー・サクライ)な桜井章一会長の『感情を整える ここ一番で負けない心の磨き方』という本を30ページだけ読んだ感想を5000字以上の長文で書いて…

嫌われる勇気とは自由を選ぶ勇気のことである

「嫌われる勇気 アドラーの教え」を読んだ感想。トラウマや承認欲求を否定し、常識へのアンチテーゼのようなアドラー心理学。しかしその本質は勇気の心理学である。人生の責任を自分で引き受ける勇気、嫌われる勇気、それでも自由を選ぶ勇気。それはセラピー…

20年間無敗の伝説の雀鬼・桜井章一に学ぶ夫婦とは何か?

桜井章一さんの勝つ人間の「見切る」技術を読みました。その中であの雀鬼が「つらすぎて泣いた」とまで告白したおそるべき最強の敵についての話は衝撃的で、身につまされる人もたくさんいると思うので紹介します。僕は読んでいて面白すぎて過呼吸を起こすほ…

悪口を言われないためにはどうすればいいのか?

悪口って恐いですよね。悪口を積極的に言われたい変態なんてドMのクソブタか名前を売ってなんぼの与沢翼くらいです。岡田斗司夫さんが悩みのるつぼで「悪口を言われないためにはどうすればいいか?」という相談に答えていたのでそれを軸に悪口に対してどうす…

自分にまっすぐな人はかっこいい

間違ってもいい。自分にまっすぐな人が好き。当然ぶつかったり痛い目を見ることもある。悪く言われもする。でも間違いだと思えば正せばいい。自分は間違ってないと思えば孤立無援でも負け惜しみの一つも吐きながらポケットに手を突っ込んでやせ我慢でも強が…

「メンヘラは救えない」とか言う奴

一人の人を救うなんて簡単なことじゃないのに、頭が悪く浅はかな偽善者に限って「人を救う」とか簡単に口にするし、相手の面倒を見きれなくなると途端に「これだからメンヘラは」などと相手のことを一方的に責めながらあっさり掌を返して「善人ほど酷い目に…

Twitterのメンヘラ神が死んだ件について思ったこと

Twitterのメンヘラ神という人が死んだ件について。逮捕された慶応大生可哀想。別れると同時に新しい男と乱痴気騒ぎの報告とか自分も深く傷つくと思う。狂言自殺はやめた方がいい。リスカとODで本当に自殺しちゃった女の子の話。メンヘラ同士の共依存関係の救…

人はなぜ不平等なのか?

人はなぜ不平等なのか?「不平等だから」としか答えようがない。問題は「なぜ?」ということをいかに問おうとそれにどう答えようと、「人は不平等だ」という事実は1ミリも揺るがないしどうにもできないということだ。それでも考えずにはいられない。世界や…

みんなが夢で飯を食えるようになったら面白い

夢物語の話をします。先日あるブロガーさんから「キャンピングカーで旅をして暮らしたい」という話を聞きました。素敵な夢だと思います。しかし現状彼にはそのためのお金がないので「みんなから集めてみたら?」という話をしました。実際にうまくいくかどう…

与沢翼のブログ戦略がすごすぎる件

秒速で億を稼ぐ男として知られる与沢翼に関して、先月の衝撃的にして笑劇的な最愛の彼女との別れを綴ったポエム以降、その裏にどんな企みがあるのか、本ブログでは徹底的に懐疑的に追ってきました。案の定すべては次なるビジネスのためのバズマーケティング…

社会の歯車になりたい

社会の歯車になりたい。「社会の歯車になんてなりたくない」とよく聞く。でもそんな風に言えるのは、それが社会の歯車となれるだけの人間だけだ。社会の方で不良品として弾いてしまうような歯車失格、社会の歯車にもなれないような社会不適合者が「社会の歯…

好きな物を誉めるより嫌いな物を批判する方がかっこいいって風潮

好きな物を誉めるより嫌いな物を批判する方がかっこいいという風潮をネットで強く感じます。自分は何者でもないくせに海原雄山のような偉そうな態度でくどくどと他人の批判ばかりしている人を見ると頭が痛いです。きっとこんな風に人をバカにして自分のこと…

森見登美彦の走れメロスの感想

最近森見登美彦さん原作のアニメ『四畳半神話大系』と『有頂天家族』を見て面白かったと騒いでいたところ、森見登美彦さんは小説も面白いよとおすすめしてもらい、森見登美彦さんの【新釈】走れメロス他四篇を読んだので感想を書いてみます。それぞれの短編…

伝説の雀鬼・桜井章一に学ぶ運が良くなる方法②

伝説の雀鬼・桜井章一に学ぶ運が良くなる方法を読書メモから大公開(前回の続き)。循環する運の流れを捉えれば運が良くなる。そのためには人生を円の感覚で捉える。円の感覚を持てば不運から30分で脱出できる。偏らないバランス感覚を持つ。シーソーの中心…

20年間無敗の伝説の雀鬼・桜井章一の運が良くなる方法

伝説の雀鬼・桜井章一に学ぶ運が良くなる方法を読書メモから大公開。瞬間は愛なり。感性で生きれば運が良くなる。小さな違和感に気づくことが大きな運を呼び寄せる。気分よくいれば運が良くなる。運が良くなるメンタルの持ち方。逆境のときは最悪を考える。…

毎日が人生の行き止まりに思える病気

毎日が人生の行き止まりみたいに思える。どこにも進んでいない。どこにもたどり着けない。右を見ても左を見ても行き止まり。そんな人生の袋小路に迷い込んで、歩くこともあきらめて真っ暗闇の中で座っていると、自分の呼吸の音しか聞こえない。世界には自分…

他人の価値観を認められない人たち

自分を認めてほしさに他人の価値観を認められない哀れな生き物の話です。世の中にはいろんな人がいますから価値観も様々です。何を好きだと思い嫌いだと思うか、それが人と異なることもあります。しかし自分と価値観が違う、評価が違うという理由で、相手の…

正解のない時代の歩き方

どう生きても悪意を100%避けることはできません。悪意への対処法を身につけることは悪意の避け方以上に重要です。理不尽な世の中でも自分の身は自分で守らなくてはなりません。どうしたって悪意は避けられないことを受け入れて、悪意を肥やしにするくらいの…

ヤフーニュースにフェイスブックで宣伝コメントして儲かるのか

私、気になります!ヤフーニュースのトピックスにフェイスブックで宣伝コメントしてる業者の人たちは儲かってるんでしょうか?露骨なくらいの自作自演、フェイスブックのアカウントをクリックすればプロフィールもまったく同じにしているくらいの手抜きなん…

嫌われる覚悟のある人間は強い

誰だって嫌われたくはありません。でも嫌われる覚悟を持っておくのは大事なことです。正直な自分でいてその結果嫌われることがあってもそれは仕方ない。それくらい割り切ってる人の方が嫌われないように人の顔色ばかり気にしてる人より魅力的だしかえって好…

二人の雲水の話

二人の雲水(旅の修行僧)の話です。旅の途中川を渡れずに困っている女性を一人の雲水が背負って川を渡りました。これがもう一人の雲水には面白くありません。女性との接触を厳しく戒められた修行の旅の途中で、女性を背負うとは何事か!しかし女性を背負っ…

増殖する悪意

ネットでたやすく増殖する悪意について。悪意は「善意」や「義憤」を餌にして増殖する。だから叩いている方は悪を懲らしめる正義の味方気取りだったりする。でも実際は誰かを悪者にして叩いて気持ちよくなりたいだけの人間が多い。だからその正義の正当性な…

ブログは熱いうちに書け

時事ネタは鮮度が命。「腐った時事ネタ犬でも食わぬ」という諺もある(ない)。だが特に鮮度が問題にもならないネタ、たとえば考え事など、いつ書いても問題ないネタを、つい文章を書く億劫さに負けて書くのを後回しにしてしまうことがある。これは非常によ…

明日、ママがいないしスポンサーもいない

「明日、ママがいない」が抗議を受けて全スポンサーがCMから撤退した。降りないスポンサーがいれば株を上げたろうにセンスがないと思う。でも放送姿勢について共感的なわけではない。そもそもドラマとして単純につまらないのは致命的。その上でこんな問題に…

今、デヴィ夫人の平手打ちが熱い!

デヴィ夫人を知らない人はいないだろう。妖魔化した黒柳徹子かと思ったらデヴィ夫人だったという経験をした人も少なくないはずだ。だが一体彼女は何者なのか?外国人なのか?夫人というからには旦那は誰か?そこまで知っている人は少ないだろう。そのデヴィ…

この世のすべてはネタである ブログのすすめ

「この世のすべてはネタ」的なブログのすすめ。ブログを始めたおかげで嫌なことや悲しいことがあってもそれも単なるネタであると考えられるようになった。嫌なことや悲しいことがあったとき無理にハッピーなことを考えようとするのではなく、嫌なことや悲し…

舌打ちやため息で他人のことまでイライラさせる人たち

舌打ちやため息は他人のことまでイライラさせて非生産的極まりないと思う。舌打ちやため息で自分は今ムカついてるんだぞアピールをしてくる人っているけど、あれってなんか意味あるの?関係ない他人のことまでイライラさせて、自分も余計イラついて、事態が…

嫌な奴は損だと思う

嫌な奴は損だと思う。嫌な奴は何かあったとき味方してもらえない。下手したら実際は悪くなくても味方してもらえなかったり、最悪敵対されてしまう。でも自分が日頃無関係な人たちの悪口を言ったり嘘をついて貶めたり誹謗中傷したりしていればそれも自業自得…

言い分の正しさはその人間の態度の悪さを正当化しない

理屈や言い分の正しさはその人間の態度の悪さを正当化しない。「間違ったことは言ってない=悪くない、正しい」ではない。何か言えばそれに対して様々なリアクションがあるのは当然のことだ。自分の意図しなかった解釈に基づいて攻撃されることもある。正論だ…

与沢翼が彼女と別れた件

与沢翼が「最愛の彼女」山田るり子と別れた件について[重大なご報告]としてフェイスブックに投稿した文章があまりにも秀逸すぎて、思わずどうでもいい他人の別れ話に寄せて思ったことを書いてみた。「秒速で億を稼ぐ男」、与沢翼であるとは一体どういうこと…

四畳半神話大系とかいう神アニメの感想…と見せかけて人生について

四畳半神話大系とかいう神アニメの感想とはほぼ無関係に人生について適当に書いてみる。なぜなら暇だからだ。することもなく話す相手もなく虚空の一点をじっと見つめて炭水化物を咀嚼しているうちに気がつくと僕は泣いていた。このままではまずいのではない…

お酒こわい:;(∩´﹏`∩);:

お酒こわい。合法ってだけで酒も他のドラッグと何も変わらない。そういう認識が欠けてる気がする。むしろ依存性も強いしドラッグとしては効率も悪く最悪の部類。酔って記憶を失うこわさ。記憶がない間に自分が何してるかわからない。普段の自分なら絶対やら…

精神世界のおすすめ本

これだけ読んどきゃ大丈夫な精神世界のおすすめ本を紹介します(なにが大丈夫なのかは自分でもよくわからないのであまり深く追及しないでください)。江原的スピリチュアルだの引き寄せの法則だのアホみたいな話はしません。クソ真面目に苦しみからの解放を…

2013年のおすすめのブログ記事

2013年もいよいよ暮れなので今年読んだ無数のブログ記事の中から厳選した特におすすめのブログ記事を紹介します。それと私事ではありますが本記事は当まつたけのブログの記念すべき100記事目の記事だったりします。お祝いしてください。というのはもちろん冗…

人生の虚しさについて

年の瀬なので人生の虚しさについて書きます。世間では年の暮れだけど僕は年中無休で途方に暮れてる。人生が虚しい。いつも心にぽっかり穴が開いてるみたいで虚しい。苦しい。やりがいもない、生きがいもない、何もない。人生は途方もなく虚しく、途方もなく…

女の悪口を言ってはいけない

女の悪口を言ってはいけない。自分が悪口を言いたい女を女はみんなそうだみたいな言い方をするな。たまたま自分がムカついた女がそうだからといってそれを女性全般に敷衍するのは明らかに間違いだし反感を買ってもしかたない愚行だ。しかしそうでなくても絶…

面白い人になりたい

面白い人になりたい。なんで面白い人になりたいかというと面白い人が好きで面白い人と仲よくなりたくて面白い人に見つけてもらいたいから。それには自分が面白い人にならないとだめだろうなってわけ。はてなブログには自分がつまらないブログしか書けないク…

神様がいないはずがないと思う

神様がいないはずがないと思う。この世界が現れていることそのものが神様の証明だと思う。絶妙なグラデーションで変わっていく空の色、刻々と流れていく雲の動き。どの瞬間を切り取っても完璧な世界を描き出すなんて神様以外にありえない。雲間から光が差し…

人間は能力より人柄だと思う

人間は能力より人柄だ。能力の優劣は人柄の良し悪しと比べたら大した問題ではない。能力があっても誰もついてこない人柄じゃ大したことはできないし、能力的に劣っていても魅力的な人柄に有能な人間が集まって大事が成し遂げられる例は多い。とがっていたお…

THE MANZAI 2013の感想

THE MANZAI 2013の感想。Aグルーは千鳥に入れた審査員はほんとにAグループの中で千鳥のあのネタが一番面白いと思って千鳥に入れたのかな?僕には全然わからなかった。Bグループはウーマンラッシュアワーが圧倒的すぎた。しょうがない。CグループはNON STYLE…

人をバカにしないこと

人をバカにしたらダメ。今まで僕はバカだからバカにバカにされるとバカにし返してしまっていたけど、たとえ相手がどんな人間でもけなしたりバカにしたらダメ。怒りや憎しみが連鎖して殺伐とした世界になるだけ。「目には目を」では世界が盲目になるだけ。ど…

評価されることが目的になると人生はつまらない

人生なにをするにしても評価されることが目的になるとつまらなくなってしまいます。評価されることはうれしいですが、それを目的にしてしまうと好きでやっていたはずのことが評価されるための作業になってしまい、そうなるとかえってモチベーションもクオリ…

宗教というビジネス

坊主が脱税に失敗したというニュースの反応に、「聖職者なのに嘆かわしい」とありました。僕は宗教を飯の種にしているというだけの人間をもって聖職者だとすることに無理があると思います。今更坊主の悪口なんて言いません、ただそういう連中を肥え太らせる…