読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつたけのブログ

世界の片隅で愛を避ける孤独なキノコの魂の叫びを聞け!…聞いてください(◞‸◟)猫とマンガとアニメと嵐をこよなく愛するまつたけによるまつたけのブログ

クリスマスだし干しひじきと鉄分について語ろうぜ

人生 考えごと 日常

クリぼっちのみなさん、ハッピーメリークリスマス!(∩^o^)⊃━☆+。:.゚:.。+゚クリぼっちじゃないお前もはいはいメリクリあんまり調子に乗るなよ?( ゚д゚)、ペッ!

何はともあれ干しひじきは食べましたか?クリぼっちだろうとリア充だろうとクリスマスといえば干しひじきですよね!というわけで今回はクリスマスの原点にかえって干しひじきと鉄分について語ってみようと思います!タイトルでは「語ろうぜ」なんて言ってますがこれはタイトルくらいはなんかみんなで一緒にやってる感を出したかっただけで、実際には僕が一人で一方的に語ります。どこまで行ってもひとりぼっちのクリスマスの夜です…(いきなり聖夜をお通夜ムードに変えながら)。

 

クリスマスの夜に飛び込んできた衝撃的な悲報とは!?

というわけで改めましてハッピークリスマス!いきなり本題とはあまり関係のない本音をぶっちゃけてしまうとですね、実は僕クリスマスって嫌いではないのですね。というか、正直大好きです!

クリスマスはいつからカップルの性夜になったのかとか、キリスト教徒でもない日本人ガ~とか、いろいろ言う人はいるみたいですが、全部気になったことはありません。クリスマスを誰と過ごそうと、誰とも過ごす人がいなかろうと、別にいいじゃないですか。なんとなく街中に家族や恋人たちの浮かれ気分とか甘いムードが漂っているみたいで最初からそんな幸せに縁のない僕からするとおこぼれにあずかれるだけで幸せです!

ちょうど一年もあと一週間でお終いのところで、今年も一年お疲れ様と言わんばかりにお祭り騒ぎを用意してくれるなんて、さすがはキリスト、産まれるタイミングまで空気読みすぎですよね!どんだけお前は人類を愛してるんだ(笑)っていうね(笑)

かくいう僕ももちろん今年もお金のないひとりぼっちのクリスマスではありましたが、お餅をチンして海苔を巻いただけの夕食に、せめてクリスマスらしく干しひじきだけは添えたところ、磯部巻きの黒に対して干しひじきの黒で彩りもシックに、たちまちよその家にも負けない立派なクリスマスディナーになりました!やはりクリスマスと言えばとりあえず干しひじきさえあれば形にはなることを図らずも再確認しました(笑)。

そんなクリスマスには欠かせない干しひじきですが、よりにもよってクリスマスの夜にとんでもない悲報が入ってきてしまいました。なんと、まだきゃりーと別れたことをうざってえクイズ形式でツイートしてきた記憶も新しいセカオワのFukaseが今度は益若つばさとお泊りデート干しひじきには全然言うほど鉄分が含まれていなかったというのです!

ひじきの鉄分含有量が大幅に下方修正される!

食品成分に関する国内唯一の公的データである日本食品標準成分表の改訂版(7訂版)を、文部科学省が本日12月25日付で公表しました。この日本食品標準成分表はご存じの方も多いと思いますが学校や病院の給食、外食産業のメニュー作りなどに広く使われているものです。

今回の5年ぶりの改訂にあたり、一部の食品を再分析し直したところ、なんと貧血予防とクリスマスのマストアイテムとして知られる干しひじきに含まれる鉄分が、最近主流の製法では従来製法よりもわずか10分の1近くと大幅に少ないことがわかったそうなのです!

もう少し詳しくどういうことか説明すると、もちろんみなさんもご存知の通り、干しひじきは加工業者が原料の海藻(ひじき)を煮沸して渋みを取り、乾燥したものが販売されています。ここまではみなさんも中学時代数学の時間に嫌というほど教えられてきた通りです(僕も数学は嫌いでした苦笑)。

ただこの際煮沸に使われていた鍋が、かつては鉄鍋を使用していたのが、現在では鉄製よりもステンレス製が主流になってきているそうなんですね。これまで干しひじきの鉄分含有量は、100グラム当たり55ミリグラムとされてきたわけですが、問題はこの数字はもちろんまだ当時煮沸に鉄製の鍋を使用していた1982年版の成分表以来変わっていなかったということです。

実は一部の専門家の中には製法や使用する調理器具によって成分が異なる可能性があると指摘されていました。かくいう僕も早くからこの問題点について訴え続けてきた干しひじき評論家の一人だったわけですが、引っ込み思案のくせにいざとなると緊張しすぎて逆に破茶目茶をやってしまうという悪い癖が出た結果、訴え方を過激にしすぎて焼身自殺未遂を起こした挙句に18年間記憶を失って入院していたという痛恨のミスがあります。

今年になって僕が記憶を取り戻したことが影響したのかどうなのか、アホの文部科学省が今回ようやく重たい腰を上げて再分析してみたところ、案の定現在主流となっているステンレス鍋での煮沸した干しひじきに含まれる鉄分含有量は、なんとこれまでのほぼわずか10分の1でしかない、100グラム当たり6.2ミリグラムだったというのです!

ひじきいいいい!!!!おどれは女の子の味方やったんとちゃうんかーい!!!!!

どいつもこいつも、TLには「~松」しかいねえのか!俺?茸松だよ!

こんなお粗末な話があるでしょうか?これをおそ松くん、もしくはおそ松さんと呼ばずして、何松をおそ松と呼ぶというのでしょう?赤塚不二夫が存命だったら必ずやこう言っていたはずです、「これでいいのだ!シェーッ!」と。

f:id:denpanohikari:20151225163414g:plain

なんのことはない、つまり今まで干しひじきに含まれていると思われていた鉄分は、その9割近くを単に出荷までの加工過程において使用していた鉄鍋に依存していた、煮沸に使用していた鉄製の鍋に含まれる(ていうかモロそのもの)鉄分を、ひじきが吸収していたに過ぎなかったということです。

鉄鍋や鉄釜など、鉄製の調理器具を使用するとそれだけで自然と鉄分が摂れるということは以前から言われていましたが、図らずもそっちの方が証明されてしまったというか、鉄製の調理器具を扱っているメーカーは今こそ商魂と商才を試されているというか、ただまあだからってよりにもよってこのタイミングで鉄分の権化みたいに思われていた干しひじきまでが鉄鍋効果だったなんてことになると、一体僕たちクリスマスの楽しみを干しひじきしか持たないクリぼっちたちはこれから先何を信じてクリスマスと向きあえばいいというのでしょう?


盛栄堂 鉄製 ココット(キャセロール)オーバル F-418

ああ神よ、真実とはときに残酷なものです。それともキリストよ、これもまたあなたの意志だというのか?もう少し空気読めよ!ほんとにお前は人類愛してんのか!・・・などと本来の本日の主役を相手に失礼な愚痴の1つや2つや8000や9000はこぼしたくもなります。

ていうかよおおおお、干しひじきお前よおおおお、鉄分をそんなに言うほど含んでいないお前なんて、昆布やわかめはおろか、もずくやめかぶにも劣る海藻劣等生だよ、もうお前海藻四天王の座は確実に失脚だよ、お前なんてもずくどころかまさにただの海の藻屑、ていうかお前今までは鉄分界の絶対的エースだと思って補正入ってたけど、冷静になってよくよく見たらお前、ただの黒くてもっさりした虫みたいじゃねえかよ気持ち悪い!今までお前とよくペアを組まされてた大豆さんに謝れ!あの人は畑の肉だぞ、お前と違って生粋の栄養エリートやぞ!白ボン黒ボンイソフラボンやぞ!いずれは元帥とも噂されてるレベルの食品界の大将やぞ!鉄分を言うほど含まない貴様ごとき、もはや二等兵以下の三等兵じゃボケが!

・・・え?鉄分はそんなでもなくても?干しひじきは食物繊維や亜鉛、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸などの他の重要なビタミンミネラル各種栄養素を豊富に含む偉大な食品には違いないの?二階級落とされたとしても大佐か少将レベルなの?あ、そうなの?・・・すいませんでした。

クリスがマスかくマジカルバナナが鉄分でカチンコチンになっ(略

いや、干しひじき、もとい干しひじきさんを悪く言うつもりなんて最初から僕にはなかったんですよ?ていうか僕干しひじきさん昔から大好きですし!むしろひじきと大豆の煮物が出てきたら大豆捨ててひじきばっか食べてましたし!そりゃもうウエハースは捨ててビックリマンシールを集める勢いで、ポテチは捨ててJリーグカードを集める要領で、大豆捨ててひじきばっか食べてましたし!個人的な見解を言わせてもらえば次期元帥の座は大豆よりも干しひじきさんのほうがふさわしいとすら思ってましたし!

ただなんか世間がね?僕じゃなくて世間がね?今回みたいなことがあると特にね、なまじ今まで鉄分といえば干しひじきっていうのがマジカルバナナ♪バナナと言ったらすべる♪のレベルでインプリンティングされてしまっていたせいで、こういうことがあるとまるで鬼の首でも獲ったかのように騒ぎたがるバカがいやがるんですよ、バカが!僕じゃなくてバカがね?

だいたい日本って国は判官びいきっていうか、善悪なりの事の本質を抜きにして、権威者の失墜みたいなものを無条件に喜ぶ体質があるでしょう?僕は前々からあれってどうなのかな?って思ってましたよね。品が悪いっていうか、てめえは正面から権威相手には物言わず何考えてるかもわからない腹の読めない顔して黙々と服従してるくせに、いざ権威が失墜して大勢が決したとなると途端に手のひら返してすごい勢いで死体蹴りに参加し始めるでしょう?あれってほんとに浅ましくてみっともないもんだなって思ってましたよね。

今回の干しひじきさんの件も、ネットなんかをちょっと見てもまさにそういった文脈で取り上げてるようなサイトばっかりでしたからね、新聞社から何から大手ネットメディアまで揃いも揃って、まったく、マスコミなんてクソだよ!商売でマスを相手にする時点でどうしたってマスに迎合的にならざるをえないんだもの!だいたいマスだの何だのって、そんな下品な言葉を堂々と使ってる時点でどうしようもないクソだよ!ろくでなしだよ!

・・・え?マスコミのマスってそっちのマスじゃないんです?え、嘘、でもアレでしょ?クリスマスのマスはそっちのマスでしょ?え、違うの?クリス松村のマス的なアレでクリスマスだったんじゃないの?え、ほんとに?ひじきが鉄分大したことなかった以上のショックなんですけど???

聞きかじっただけの知識や情報に本質的な価値はない

まあ博識を以って天下に知る人のいない僕ですら今みたいな凡ミスもあるくらい、事ほど左様に知識とかただ聞き知って知ってるというだけの情報なんてものには本質的な価値はないという話がしたかったわけです。むしろミスっていうか話をそこまで持っていくための巧みな伏線というのがより正確っていうか?

はっきりさせておきますけど、僕は何もここで文部科学省や標準成分表のことだとか、そんな小さなことを悪く言いたいわけではありません。僕がクリスマスだというのにかわいい女の子とデートもせず、かわいい女の子と一緒にご飯を食べるでもなく、寒い部屋に一人っきりでなぜこんな記事を書いているのかといえば、現状日本においてやたらに重んじられ過ぎている知識というものの限界と虚しさについて、どうしても訴えたかったからです。間違っても単に一緒に過ごしてくれるかわいい女の子どころかモテない野郎のダチ一人いない真性クリぼっちだからとかそういうことじゃないんです、っていうかこの点に関しては肯定否定問わず何か一言でも言われたら涙腺が決壊する予感がするんで何も言わないでください。

こらえきれずに頬を伝い出した汗を拭って話を戻しますけど、僕は干しひじきと鉄分について語ることを通じて、知識なんてものの不確かさ、危うさ、虚しさを訴えたいわけです。

おかわりいただけるでしょうか?…あ、違った、おわかりいただけるでしょうか?ほんの昨日までは、栄養士だの栄養の専門家だの、干しひじきの専門家だのを名乗っていたような連中が、「クリスマスイブだし今日は干しひじきを使ったプレイをしてみない?怖がらなくても大丈夫だよ、万一マンイチから出血しても干しひじきに含まれる鉄分の量は100gあたり55mgだから問題ないナリよ、キテレツ」とか言ってキテレツを口説いたり、口説かれた方の科学オタクのクソメガネでさえそれを疑いもせずプレイの誘いに乗ってしまっていたのに、今日からはもう同じ常識は通用しないことの滑稽さとバカバカしさが。


キテレツ大百科 スーパーベスト

いや、今回の栄養成分表の改定での結果を知らない人には通用するかもしれません。しかしもちろん干しひじきに含まれる鉄分の含有量自体は今回改められたほうの数値で変わりません。もちろん今回の改訂をされる前から、干しひじきの煮沸に鉄鍋ではなくステンレス鍋を使っていた時点で、実際の鉄分の含有量には10倍近い差があったにも関わらず、僕たちは「ひじきといえば鉄分豊富♪」というマジカルバナナをまるでゴリラのような知能指数でゴリラのような顔をして貪り食っていたわけです。

今回のひじきの鉄分含有量の一件は、知識という普段当たり前のように重んじられているものが、実際には何の実体性も伴わない不確かなものであるということのいい例であると言えるのではないでしょうか。

ただ念のため言っておくと、一口に知識と言っても、今回の件で言えばただ「ひじきの鉄分含有量は100g当たり55mg」のような教えられた字面だけを金科玉条のように絶対視するような「知識」ではなく、「鉄鍋でお湯をわかすとお湯の中に鉄分が溶け出す」といった経験から学び得た知識こそは応用の効く真に生きた知識であり、それは無論今回言及しているような知識とは区別する必要があることは言うまでもないでしょう。まあ言うまでもないでしょうとは本当は思ってなくて、言っておかないとめんどくせー奴にうるさく絡まれたりしたら嫌だなとか思ってるからわざわざ言ってるわけなんですけどね。これもまあ僕の経験から学び得た生きた真の知識ってやつかな?(笑)(ドヤ顔で笑ってるけど用心深すぎだしその割にそんな言わなくていいことをべらべら言ってしまうのは用心深さが全部台無しになるくらい軽はずみすぎ)。

アメリカンコーヒーは薄めたコーヒー、アメリカンジョークは薄めた冗談だと思ってる

まあちょっとクリスマスだからということで、干しひじきにちなんで知識の不確かさについて言及したんですけど、せっかくなんでもう一例だけクリスマスにちなんだ同様の例をあげてみたいと思います。こっちのほうは今やかなり多くの本に引用されて有名になったエピソードなのである程度ビジネス書などを読んでいる人は知っている例かもしれませんが(若干適当だしうろ覚えだけど許してくれるよな!)。

アメリカのある家庭で、娘がクリスマスに伝統的な七面鳥料理を母親から受け継ぎました。それはとても香ばしく焼き上がった見事なターキーで、もてなす人もてなす人に絶賛される絶品ターキーだったのですが、娘には自分が家庭を持ってからもその調理過程において一点どうしてもわからない点がありました。

そこでその人はお母さんに聞いてみました。「お母さん、どうして私たちのターキーは脚の先を切り落としてしまうの?」「さあ?私は私の母からそう習っただけよ」

そこで娘は思い切って祖母のもとを訪ねて同じことを聞いてみました。するとお祖母さんは言いました。「別に脚の先を切る必要なんてないわよ。あれはただうちで使っていたオーブンが小さくてターキーが入らなかっただけよ」(ここでアメリカ人一同大爆笑)

まあこれはターキーだけになかなかスパイスの効いた見事なアメリカンジョークにもなっているわけですが、まさに今回の干しひじきと鉄分の関係にも通じる、形骸化した上辺だけ、表面的な知識の継承というものの危うさと愚かしさを突いた小憎らしいエピソードであるといえるでしょう、僕の「ターキーだけになかなかスパイスの効いた」って表現も負けず劣らず小憎らしくて絶妙だったかなとは思ってますけどね(笑)どうだったかな(笑)わざわざ二回も太字で強調しちゃったりして(笑)

いや、ちょっと悪ノリというか悪ふざけが過ぎましたかね(笑)いや、別に僕にしたら悪気なんてないんですよ(笑)ただなんていうか、昔から真面目な話を真面目にするだけじゃつまらない、あえて真面目な話の中にそれこそひとつまみのスパイスのように(まだ言ってる、こら!笑)小粋なジョークを挟むことでかえって話全体がわかりやすくなったり記憶に残りやすくなるっていうかな?そういう遊び心みたいなものはわりと大事にしていて文章を書くときにはいつもどこか頭の片隅で意識しているような気がしますね(笑)あれ?とか言ったそばからちょっと真面目に語りすぎちゃったかな?(苦笑)

クリスマスの約束~サイレントナイトの作り方~

ちょっといい加減われながらムカつきすぎてモニター画面をパソコンごと正拳突きぶちかましてぶっ壊してしまいそうになったのでそろそろこの話は終わりにしようと思いますが、最後に一点、今回の記事のテーマとは別件になってしまうのですが、この記事を読まれた大人の方、保護者の方に僕から一つだけお願いがあります。

それは、願わくばどうかまだクリスマスの干しひじきを楽しみにしている小さいお子さんや子供たちには、今回の干しひじきと鉄分の件を伝える際には、まだ伝えないという選択肢も視野に入れた上で配慮していただきたいということです。

子供というのはまだ小さくても意外なほどよくものを見て考えているもので、あえて親や大人がバラしたりしなくても、子供たちは自然と来るときがくればクリスマスと干しひじきについての真相にもやがてはたどり着くものです。人はみなそうやって大人になっていくものなのではないでしょうか?

願わくばそのような貴重な子供たちの自発的な成長の機会が奪われてしまわないことを、わたくし子供たちに対して責任ある一人の大人として、切にサンタさんにお願いする次第です。

まあ願いを叶えてくれないどころか正直実在さえも疑わしい神様と違って、サンタさんは実際存在しますからサンタさんにお願いしておけばまず間違いはないと思ってますけど。

たまに「サンタなんていない」とか「サンタの正体はお父さん」とか言ってるひねくれた中二病全開の奴とかいるんですけど、ぶっちゃけ逆に恥ずかしいですからね(笑)僕なんて昔、まあ僕も昔は尖ってたもんですから(笑)、サンタなんて本当にいるなら捕まえてやらあ!くらいのつもりで(笑)、枕元にぶら下げた靴下の中に大量の画鋲を入れといたことがあるんですけど、次の朝には見事に靴下の中の画鋲はなくなっていて、そして代わりにクリスマスプレゼントの干しひじきが大量に詰まっていたことがありますからね。今にして思えばまさにあの瞬間僕はサンタさんは本当にいるんだって確信しましたね(笑)

まあその日なぜか父親がクリスマスだというのにまるで手負いの獣のように殺気立っていたことと、そして実際右腕中に画鋲が刺さりまくっていたことだけはいまだに謎ですけど。何だったんだろうアレ?クリスマスイブに母親とそういう特殊なプレイでもしたのかな?まあ両親の床事情とか気持ち悪くて考えたくないんでもうやめときますけど(苦笑)

まあちょっと最後汚い話もしちゃいましたけど(苦笑)、とにかく今日はクリスマスなわけですからね、大人は子供にクリスマスと干しひじきの真実をバラサない、その代わり子供も早く寝て(もしくは寝たふりをして)お父さんとお母さんの聖夜を邪魔しない。

クリぼっちはクリぼっちで、起きてたところでいいことなんて何もないから早く寝る。カップルはカップルで、世の中クリスマスと言ってもカップルどころかカップヌードルも食べられずに飢えて死んでいる子供たちもいるのだから、その子たちの分まで自分たちが産めよ増やせよなんて無茶は考えないでおとなしく早く寝る要するにみんな何もしないで早く寝る。

そうすれば今宵、本当の意味でサイレントナイトにできるんじゃないかな?みんなでいいクリスマスにしましょう!そんなこんなでハッピーメリークリスマス!and I wish you a happy new year!早く寝ろよな!おやすみ!


有明海産芽ひじき 50g 乾燥ひじき/めひじき


Merry Christmas: 100 Best Songs Ever (Original remastered version)


コンドーム サがミオリジナル002 人生が変わる0.02ミリ 12個入り

広告を非表示にする