読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつたけのブログ

世界の片隅で愛を避ける孤独なキノコの魂の叫びを聞け!…聞いてください(◞‸◟)猫とマンガとアニメと嵐をこよなく愛するまつたけによるまつたけのブログ

ネット上にしか人間関係がない人間の思考

ネット上にしか人間関係がない人間の思考について書く。

ネット上にしか人間関係がない人間の思考(と見せかけて僕の考え)

ネット上にしか人間関係がない人間の思考について、なんて言うとネットにしか人間関係がない人の一般的な思考についての話っぽいけど、もちろんそんなものは知りません。自分の考えについて書くだけだ。ただタイトルが「ネットにしか人間関係がない僕の思考について」だとあまりに寂しすぎるなと思って少しだけ見栄を張っただけだ。ここまで正直に打ち明けた僕に免じて僕を許してくだちゃい。

 

ネット上にしか人間関係がない(ただし図書館のおばちゃんを除く)

さて、というわけでネットにしか人間関係がない僕の考えについてです。

僕はネット上にしか人間関係がない。寂しすぎる告白だけどこれを言わないことには話が先に進まないのでしかたがない。僕にはリアルにおいて友達とか恋人とかクラスメイトとか職場の仲間とか一切いない。家族はいないでもないけど連絡を取ることは年に一、二回しかない。強いて言うなら一週間か二週間に一回図書館に予約していた本を受け取りに行くときに図書館のおばちゃんと会うくらいだし、人と話すのもそのときに図書館のおばちゃんにお礼を言うくらいだ。

人からしたら寂しい人生だろうし、もちろん自分でも寂しいっちゃ寂しいんだけど、じゃあ誰かと一緒にいたら寂しくないのかというと多分そんなこともなく、むしろもっと寂しさを感じてしまうようなポンコツなので、なんだかんだで一番居心地のいい自分のあり方を選択しているだけなんだと思う。その意味で実は僕はそんなに今の自分のあり方を不幸だとか哀れだとは思ってない。

いや、そりゃ根本的なことを言えばそんな風にしか思えないことを含めて、人と適切な人間関係を結べないとか、長続きしないとか、誰かと一緒にいてもよけい寂しくなってしまうとか、そういう自分のポンコツぶりを可哀想といえば可哀想なんだろうなとは思うけど、今更どうにもならなすぎてどうしようという気にもならないし、あんまり気にすることもないので別にこれは「どうです?僕はネット上にしか人間関係がないんですよ?可哀想じゃないですか?」みたいな話ではない。

孤独感とか寂しさみたいなものについては感じないとかではなく、単にもうあきらめている。一人でしかいられない人間の分相応の人生だと思う。ネット越しに誰かと深いつながりや精神的な深い結びつきみたいなものを感じたいとか思ったら寂しくなるだけだけど、最初から人間関係とか人とのつながりみたいなものにまるで期待しなければそんなに悪いものでもない。むしろやさしい人たちがたくさんいて自分は十分すぎるくらい恵まれているししあわせなのかもしれないと思う。

ただやっぱりネットでの人間関係とリアルでの人間関係って代替可能だったり同じものではないと思う。

ネット上にしか人間関係がないとは言ってもそれも大した関係ではない

まあこれは僕がネット上にしか人間関係がないと言っても、その関係と言ったところで、せいぜいツイッターでよくリプライをくれる人とかそのくらいのことで、毎日LINEでこまめに連絡を取り合ったり、頻繁に通話して実際に会話したり、そういうこともしないからかもしれない(そもそもLINEとかスカイプでの密だったり濃いコミュニケーションが恐すぎてどっちもインストールしたパソコンごとハンマーで叩き壊してしまった)。

それこそ中には会ったこともない人と恋愛したりする人もいるみたいだけど、あんまりそういうのも自分にはよくわからない。まあこれも単純に僕が恋愛自体よくわかってないからかもしれない。この恋愛がよくわからないというのも多分かなりおかしなことだと思うので、今度別に一記事書くと思う(追記:有限実行、書きました→恋愛がよくわからない

でもまあとにかくそんなわけで、当たり前といえば当たり前だけど、ネット上でのその程度の人間関係が実際のリアルの人間関係の100%完璧な埋め合わせになったりはするはずがないというのが僕の考えだ。もちろん「いや、自分にとっては100%同じものだ、違いはない」という人はそれはそれでいいのだけど、少なくとも僕にとっては違うということだ。

フォロワーさんがいてうれしいのと友達がいなくて寂しいのは別のことだろ…

なんでそんな当たり前のことをわざわざ言うのかというと、たまにネットでの人間関係をリアルの人間関係と100%同じものみたいに言ってくる人がいるからだ。

昔はよくツイッターで孤独感だとか、寂しいとか、友達ほしいみたいなことをツイートしていた。別にそう言って誰かが相手してくれれば孤独感が紛れるとか寂しさが紛れると思っていたわけではない。単に孤独感だとか寂しさを感じているという事実を淡々とツイートしていただけだ。

だがまあやはりそうすると「私たちがいますよ」とか、「もう友達ですよ」とか、そういうことを言ってくれる人がいるのだった。もちろんそれは悪気があって言っているわけではなく、むしろ善意ややさしさで言ってくれているに違いなく、「ありがとうございます!もう寂しくないです!」とか、「ありがとうございます!初めて友達ができて嬉しいです!」とか、バカ丸出しなマヌケな返信を返したりしていたのだけど、やっぱり正直心の中では「でも友達ってそういうもんじゃないんだろうなー」とか、そういう思いがあるから虚しく感じてしまったりしていたのだった。

で、とはいえその人たちのやさしさはやさしさでありがたいのだけど、たまにそういうのとは明らかに別に、「それだけフォロワーがいてなに言ってやがる」みたいなことを言ってくる人もいたのだった。僕はそういう人に心底訊きたい、「お前それ本気で言ってるのか?」と。

もちろんフォローしてくれてる人がいるということは基本的にはよろこばしいし好ましいことだ。でも単に自分のことをフォローしているというだけの、会ったこともなければこの先も会うこともないであろう人たちがいるからなんだというのだろう?それでリアルに一切会う人もいないひとりぼっちの人間の寂しさや孤独感が埋まるとでも本気で思っているのだろうか?

少なくとも僕は「それだけフォロワーがいてなに言ってやがる」みたいなことを言ってくるような、無理解というか多分そんなに頭がよくないし頭が悪いからやさしくもなれない人にフォローされているからといって、それで自分の孤独感が少しでも癒されたり何かが満たされるということはないし、むしろ敵意だの悪意だの無理解だの、そんなものを向けてくるような人には一切関わってこないでほしいと思っている。

か、勘違いしないでよね!い、いつもありがとうって言ってんのよ!

というわけで、ネット上での人間関係とリアルでの人間関係というのは少なくとも自分にとっては別のものだし、ネットでちょっとやさしくしてくれる人がいるからと言って、それでリアルに一切人とのつながりがないことの100%の埋め合わせにはならないというものすごく当たり前の話。

だからと言ってくれぐれも誤解されたくないのは、だからネット上の人間関係なんて無意味だとか無価値だとかそんな話ではない。僕とネット上でなんらかの交流を持ってくれている人(というか単に僕のことをかまってくれるやさしい人)に対して、僕は常日頃筆舌に尽くしがたい感謝をしている。これはどう言おうとわかってもらえないくらい、僕にとっては本当にありがたいし感謝しているのだった。なにしろ僕にはそれしかリアルを含めてあらゆる意味で人間関係がないのだ。どれだけそれが僕にとってありがたいことかなんて言えるはずがないし、当たり前に家族がいて友達がいて恋人がいて学校や職場に人間関係があって、みたいなちゃんとした人たちにはわかることでもないと思う。あとややネットからリアルに越境してきて借金暮らしの無職ッティである僕に食料品や地域の特産品等を贈ってきてくれる人にはもうなんていうか頼まれたら殺し以外のことならなんでもやるしなめろと言われれば靴の裏だろうと別の場所だろうと一生懸命なめさせていただくくらいのことはいつでもさせていただきます。

ただ、だからと言ってそれが当たり前に家族がいて友達がいて恋人がいて学校や職場に人間関係があって、みたいなちゃんとした人たちの人間関係と同じものだとは思わないというだけの話だ。

リアルの人間関係の代わりにはならないけど仲よくしてくれてありがとうございまっしゅるーむ!!!!(ノ)`ω'(ヾ)

あと、別にこんな話をしたからといって、読んでくれた人にこれからはこう接してほしいとかそういう話でもない。ネットだけの人間関係では寂しいのでリアルで会って遊んでほしいとかできれば回ってないお寿司かケンタッキーフライドチキンをおごってほしいとかセックスしてほしいとか、そういう話ではない。いや、正直に言うと仕事か、もっと率直に言えば仕事はいらないけどお金はほしいんだけど、言ったところでしょうがない・・・と思いつつ一応言ってみないことには始まらないよね!誰かお金(か最悪仕事でもいいので)ください、よろしくお願いしますm(_ _)m

ネットでちょっとやさしくしてもらったくらいで、リアルでも素敵な関係を結べるなんて、そんな能天気なことは考えてないし、そんな風に考えられる人間だったらおそらく初めからリアルに一切人間関係がないなんてことにもなっていなかったと思うし、そんな風に考えられるほど人や自分を信じているわけでもない。いや、人を信じてないなんて言うとものすごく感じ悪いんだけど、それについては自分に自信がないから人を信じることができないという記事にすでに書いた通りの事情でございますのでどうかご勘弁を。。。

リアルの人間関係のめんどくささやら大変さやらが苦手でそれを結べず、ネットでしか多少なりと人間関係を持たない人間なのだから、わざわざネットで知り合った人と実際に会って、リアルでも関係を持とうなんて気はさらさらない。精々嫌うか嫌われるかしてネット上での貴重な人間関係をひとつ失うだけ・・・っていうかそもそもコミュ障すぎてとにかく単純に誰とも会いたくない

基本的にマイペースに出したいときだけ顔を出せばいい自分みたいなネットの使い方で、その時々で誰かがリプライやコメントをくれるくらいが一番楽だし楽しい。だから結局自分で一番いいように選んだ結果が現状なのであって、リアルで人と友達づきあいをしたり、恋人としてお付き合いをしたり、セフレとしてお突き合いをしたり、そんな気は少なくとも現状さらさらないのだった。

ただ、やっぱりそれって普通の、まともな人からしたら異常なことだと思うし、他にどうしようもない、どうしようもない人間が「自分で一番いいように選んだ」とは言っても他に選択の余地なくそうせざるを得なかったというだけの話で、ツイッターにフォロワーがいるんだからとか、ブログの読者がいるんだからとか、それでリアルに人間関係がある人の、友達や恋人や家族がいるということの代わりにはならないし、なるはずがないんじゃないかなあという話でございました。

日頃仲よくしてくれる皆様におかれましては今後とも僕をよろしくお願いしまっしゅるーむ!!!(ノ)`ω'(ヾ)唯一むにむに!!!!

広告を非表示にする