まつたけのブログ

世界の片隅で愛を避ける孤独なキノコの魂の叫びを聞け!…聞いてください(◞‸◟)猫とマンガとアニメと嵐をこよなく愛するまつたけによるまつたけのブログ

絶対泣ける!このマイ・ハート・ウィル・ゴー・オンがすごい

絶対泣ける!涙があふれて止まらなくなるマイ・ハート・ウィル・ゴー・オンを紹介します。

涙があふれて止まらなくなるマイ・ハート・ウィル・ゴー・オン

久しぶりに涙があふれて止まらなくなるほど感動した動画を見つけたのでシェアできればと思い、紹介させていただきます。

 

マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(My Heart Will Go On)といえば言わずと知れた世界の歌姫セリーヌ・ディオンの最大のヒット曲にして世界中を感動と涙の洪水に溺れさせた映画『タイタニック』の主題歌です。

セリーヌ・ディオンのマイ・ハート・ウィル・ゴー・オンは映画音楽としても最大級の成功を収め、後に続く映画『アルマゲドン』のテーマ曲、エアロスミスの『ミス・ア・シング』や、『パール・ハーバー』のフェイス・ヒル『永遠に愛されて』の世界的なヒットに先鞭をつけた感動の名曲です。

その感動の名曲ぶりは自分でここまで持ち上げておいてなんですが、いまさら「実は『タイタニック』観てないんだよねー」とか告白しづらいほどの名曲であり、聴いたことがないという人は地球人であるかぎり地球上に存在しないという噂すらまことしやかにささやかれているとかいないとかいう噂の感動の名曲です。

その感動の名曲、マイ・ハート・ウィル・ゴー・オンのリコーダーでの演奏が本当に素晴らしく、久しぶりに涙腺ではないなにか別のものが決壊して大粒の涙を抑えることもできずに止めどなくこぼすしかできなくなってしまったので紹介します。その演奏がこちらです。


My Heart Will Go On - Recorder By Matt Mulholland

リコーダーの新境地を切り開いたマイ・ハート・ウィル・ゴー・オン

だめだ。何回聴いても笑っちゃう泣いちゃう。。。素晴らしすぎる。。。なんなの、この絶妙な感じ。。。この絶妙に感動的なマイ・ハート・ウィル・ゴー・オンのリコーダーでの演奏者Matt Mulholland(マット・マルホランド)さんはニュージーランド在住、正真正銘プロのミュージシャンということです。

これだけの感動的な高い演奏技術を持っていればそれも当然のことですよね。私は個人的にMatt Mulhollandさんのマイ・ハート・ウィル・ゴー・オンの演奏にはピカソの絵や日本国内で焼かれた陶器としてただ二つ国宝に指定されている『銘:卯花墻』と『銘:不二山』に通じる乙さ、あえて崩した軽妙洒脱さといったものを感じます。

当然その前提にあるのは凡俗の想像も及ばないレベルにまで到達した極めて高い演奏技術であり、そこから先のさらに新しい表現の地平に踊りだすにはまさに百尺竿頭上さらに一歩を進むがごとき一大雄飛が必要なわけです。

その意味でMatt Mulhollandさんのリコーダーの演奏技術とその斬新な表現はもはやピューと吹くジャガーことジャガージュン市氏を地で行くような前人未到の荒野を切り開いていると言っても過言ではありません。

セリーヌ・ディオンのオリジナルのマイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(My Heart Will Go On)の感動にも勝るとも劣らないMatt Mulhollandさんのリコーダーによるマイ・ハート・ウィル・ゴー・オンでみなさんも抱腹絶倒感動の熱い涙で止めどもなく頬を濡らしていただければと思います。私からは異常です。おしまい。


「タイタニック」オリジナル・サウンドトラック

広告を非表示にする