読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつたけのブログ

世界の片隅で愛を避ける孤独なキノコの魂の叫びを聞け!…聞いてください(◞‸◟)猫とマンガとアニメと嵐をこよなく愛するまつたけによるまつたけのブログ

【悲報】与沢翼が秒速で破産した件

ニュース ネット 人生 人物伝

【悲報】与沢翼完全終了のお知らせ

みんな大好きネットビジネス界の帝王にしてスーパーアイドル、与沢翼31歳(画像参照)。

f:id:denpanohikari:20140427031903j:plain

あ、すいません、間違えました、画像は与沢翼じゃなくてHUNTERXHUNTERのミルキでした!間違えました、こっちでした!すいません!

f:id:denpanohikari:20140427033924g:plain

あれ?また同じ画像貼っちゃった???・・・あ、いいのか、一瞬完全に同一人物かと思ったわ、大丈夫でした、こっちが本物の与沢翼さんでした!

 

見た目はあきらかにただの太りすぎたとっちゃんぼうやのクソデブでありながら、その天を衝くがごとき意気と明らかに過剰なセルフエスティーム、セルフエフィカシー、セルフコンセプトに基づき、まさに破竹の勢いで覇業を成し遂げんとする志を掲げ、最近ではあの闇金ウシジマくんにも明らかに彼をモデルとした天生翔という胡散臭い情報商材屋のキャラが登場したことでも(ごく一部で)話題の与沢翼。

見た目はあきらかにただの太った豚でありながら、その天与の自信とカリスマ性で女性からもモテまくりであると豪語し、アフィリエイトビジネスを教える従来の与沢塾のみならず、高額の恋愛塾まで始めてしまうその節操のなさと勘違いぶりにはただただ脱帽するしかなく、最近では半分本気で尊敬していたのですが・・・。

※与沢翼さんに関するこれまでの(観察と考察の)経緯に関しては以下の記事を参照して下さい。

与沢翼が彼女と別れた件

彼女と別れた与沢翼が秒速で新しい彼女をつくった件

与沢翼のブログ戦略がすごすぎる件

しかしその与沢翼さんにもついに来るべきときが来たというのか、税金という審判からはさすがのカリスマも逃れようもなかったようで、このたび完全終了のお知らせを自らそのfacebookに投稿していました。合掌。南ー無ー。

与沢翼、秒速で破産寸前であることをfacebookで報告

『ご報告』

皆様、こんにちは。

与沢翼です。

最近フェイスブックを更新しておりませんでした。

その事情を、お伝えしなければならなくなりましたので、ここにご報告致します。

何もご存知ない方は、驚かれることと思います。

ご容赦下さい。

誠に愚かすぎて、弁明の余地もない状況です。

【概略】

(めんどくさいので中略)フリーエージェントスタイルの資金が完全にショートしました。

そのため、今日時点において、既にフェラーリ、ロールスロイス、ベントレー3台を売却し、住宅なども全て解約しております。

(めんどくさいので中略)フリーエージェントスタイル本社の黒崎ビル(六本木4-1-4)を4月30日付けで退去致します。

今後は、西新宿のアイランドタワー41階別のグループ会社内に移転し、FASともどもグループ全体の再建を図っていきます。

なお、フリーエージェントスタイルは破産せず、残額の税等を全て支払うため、最後まで諦めず、少数ながら私の独力を中心に、事業を継続致します。

滞納1億超ということで国税から管理を受けており、現在連絡を取り合い、支払いを継続しております。

【反省とこの1か月】

当初は、受け入れられなかったこと、これまでの全てはもう無くなるという現実も、今はすべて受け入れており、もはや物や金、見栄、プライドに対する執着を完全に消失しています。

ロールスロイスを売った時、自分の中で、これまで絶対に正しいと考えていた価値観が雪崩のように崩壊していきました。

【愚かな認識】

2013年8月期の決算が固まった時点で、全ては終わっていました。

(アホすぎるので中略)

【経緯】

(ひたすらしょうもないので中略)

2月末日、国税に対し最後の約束が履行できないことが確定となり、以後、黒崎ビル本社、私の住宅等に差し押さえがかかりました。

この時点で、現状の規模を維持して、事業を継続することは不可能と判断しました。

ただし、投資の詐欺的行為にあったことやカード会社倒産が直接的な経営状態の急降下の原因ではあったものの、所詮それはきっかけにしかすぎず、自分のビジネスモデルやメディアでの演出のための支出、迫り来る、無限ループに思える税金に、精神的にも物理的にも限界に達していました。

お金持ちを演じることを期待されているのに、もはやお金がない。

この状況は、心底きつかったです。

【全て私が悪いです】

メディアで発言する自分の言葉に自分が洗脳を受けていき、周りを取り巻く女性たちに逃げ、全てから一時的にでも解放されたいがために飲むアルコール。

この1か月間も日夜、突き抜けきってしまおうと思って行動しては迷いを生じの繰り返し、行動原理を失っていき、とうとう限界に達しました。

今までの行動エネルギーではもう動けないことを確信しました。

酒と見栄と女に狂った典型的なアホ経営者です。

全て私が悪いです。

経営者の反面教師の鏡だと思います。

【常識に反抗したい】

誰もがそうなると想定できていた当たり前のことに反抗し、非常識がどこまで通用するのか突き抜けてみたかったけど、歯車が崩れ、どうやらそれも困難となりました。

散財や経営判断のミスについて罪があるなら、刑務所に行ってもいいと思っています。

ただ、財産を隠匿してどこかに飛んだりする考えはありません。

先月まではなるべくブランドイメージを毀損することなく、再起すべきであると考えていましたが、もう全てを白日の下に自らさらし、正々堂々とやっていった方がいいと判断しました。

もう何も残らなくていいし、何の見栄もありません。

今あるのは、これまでと違った方法でただひたすらに経営や人生を再建することです。

【謝罪】

今回の経営状態急降下の影響で会社を離れなければならなかった社員の皆さんには申し訳なく、今は合わせる顔がありません。

今月中ごろからみんなの前に堂々と顔を出せなくなってしまい、与沢塾や他塾の皆様にはもっと申し訳なく思っております。

【2度目の経営者としての失敗、挫折】

前回は、見返してやる、恨みがある、金持ちになってやるというマイナスのエネルギーが強く、無理をして最短で復活しましたが、今回は何の準備すらもしていません。

また、最短で復活をしようという負のエネルギーがなくなってしまいました。

自分の中での限界まではやりきったということなのか、反動で脱力してしまいました。

強がる気持ちも消えました。

とにかく一人になって、所持金ゼロでしばらく実家か祖母のところに消えたい。これが最近まで考えていた本心です。

ただ、私にはまだ義務が残っています。

残債を全て支払い、再建しなければいけません。

弁護士に一任して事業停止をし、実家に帰るのが一番楽ですが、それも、正しい道であるように思えてきません。

2年半のツケを全て支払うため、私はしばらく苦しんだ方がいいと思っています。

信用不安を覚悟で、この情報を公開していますから、これから誰かと取引をしたい、誰かと取引ができるとも思っていません。

今後、最小のコストまで切り詰め、文字通り独力、自分の力でマイナスの状況から、やっていくしかないです。

【運命は理性の力では直せない数々の欠点を改めさせる】

という言葉に出会い、私は今回の運命に出会い、自分が持っている構造的な欠陥の修正を迫られているのだと思います。

売り上げる力、多少あったけれど、管理する能力なし。

よもやこれほどまでに税金が確固たるもので、恐ろしいものだとは思いませんでした。

以前は利益が出なくて倒産。今回は利益が出すぎて、税金で経営危機です。

得られたお金ほどには、私の器が伴っていなかったようです。

また、私は、今日を全力で生きる刹那的生き方は得意ですが、未来を見越して動いていくことがことさらに下手です。

この半年間は、未だ経験したことのない想定外の不運の連続でした。

未来を深く見越して防衛しながら動くのは、本当に大切なことだと理解しました。

【今度の復活には時間がかかると思います】

あるいは時間をかけなくてはならないのだと思います。

□プロダクトローンチの中毒性について

情報業界のプロダクトローンチで高額商品を売ると億を超えるお金が1か月で作れてしまうことも意外に容易だったりします。

だから、中毒性を持っています。

軸がないのにマーケティングだけで売れてしまうと人格が崩壊します。

何度も何度も売らなければと思ってしまう依存性があるからです。

ただ、ローンチをしている人、していく人を批判しているわけではありません。自分が今後ずっとやっていくのは、もう無理だと考えたということです。

これからの時代のメーンステージは、高額少数の時代ではなく、少額多人数の時代であり、売り込みではなく、口コミの時代になるかと思います。

富の条件としては、プラットフォームを作ろうとする思考よりは、既に出来上がっているプラットフォームにビジネスをいかに有効に乗せられ親和させられるかであり、人海戦術ではなく、オートメーションだと思います。

初期投資とリターンを非対称にすること(1対10、1対1000など)は変わらず重要ですし、マーケティングではなく価値主導の口コミを中心として、少額多量の販売をすべきです。

粗利は8割以上のビジネスを選び、在庫は持つべきではありません。

【蒼天既に死す】

もうおわかりの通り、ここ数年間のイメージの与沢翼は既に死んでいます。

復帰プランに従い、無理をせずゆっくりとやっていきます。

与沢塾は4期で永遠にファイナルとなります。

ネオヒルズクラブは、1年間、体一つでやり続ける覚悟です。

西麻布のお店は残ります。

他サービスも最後までやりぬきます。

【ステークホルダーの皆様へ】

ご迷惑やご心配をおかけし誠に申し訳ございません。

一つの体でできる最大の努力をして、最後まで責任を取ります。

時間がかかるでしょうし、怒りを覚えさせてしまうこともあるかと思いますが、私は逃げずに、一つずつやっていきます。

それしかないからです。

【今も変わらない思い】

日本国民の普通の方々こそ、自由を得てほしいです。

会社を飛び出して自分でビジネスを始め、幸せになってほしいと思っています。

特段、覚えるべきなのは、株式トレードとプログラミングです。

最小の労力でリターンは天をも穿つスキルです。

次に重要なのは、表現力、企画・発想力、マーケティング力かと思います。

【原理原則】

松下幸之助さんや京セラの稲盛会長の言っていることの意味がようやく呑み込めるようになってきました。

自分でやってみて痛い思いをしないと、納得できない性格なので、必然だったことと思います。

それよりも5年、10年も先に、このままだったと思えば、今回の出来事こそ不幸中の幸いなのかもしれません。

やはり、真理や原理原則には逆らえないものですね。

私は、自分の常識をもって世界に敗れました。

敗戦を宣言します。

これからは真理や原理原則にただひたすらに忠実に生きていきます。

【3度目の起業家人生】

どんなにアホでも、結局は、経営者としてしか生きていけません。

なので、マイナスからやり直します。

今回刻んだことを軸に、とりあえず殺されるか死ぬまでは生きていきます。

未だ自分が何者なのか、よくわかっていません。

何が向いているのか、どういう人間になるのか。

ただ、言えることはそのとき信じた正しいと思う道を全力で邁進することしかできない人間です。

たいした人間でも、特別な人間でもなく、ただの普通以下の人間なんだなと改めて自分を思い直しました。

【感謝】

この数年応援してくれた、関与してくれた全ての方のおかげで、とても一生では体験できないほどのたくさんの経験をさせていただくことができました。

本当にありがとうございました。

私が何者になるか、何者になりたいのか、いまだ自分でもよくわかっていませんが、全力で復帰する努力をしますとだけお伝えしておきます。

しかしもう金への執着はありません。散財をすることもありえません。

生きてるだけで幸せです。

新しいビジネスは、価値に比例する適正利益だけで十分すぎます。膨大に儲けることはもう考えていないからです。

今日から無理をしてお金持ちのふりをする必要がなくなったので、楽になりました。

もう大分疲れたんだと思います。

この報告は、全てが終わっていない現状では視点によってはまだ早すぎる報告だったかもしれませんし、場合によっては遅すぎる報告だったのかもしれませんが、自分の新しい行動エネルギーを生み出すためには今こそ言わねばならず、また逆に、限界までやったからこそ、今になったのだということです。

たくさんの経験をさせてくてれた皆様、ありがとうございます。そして、裏切ってしまった多くの方へ、申し訳なかったです。罪の償いには時間がかかりそうです。

これからはただの何もない与沢翼として発言していきます。

今、感情は無であり、至って落ち着いています。

お読みいただき、ありがとうございます。

 

与沢 翼

以上、長くなりましたがせっかく稀代の虚業家、現代の生ける神話、伝説ともいうべき巨星墜つの報告ですので与沢翼さん自身のfacebookでの報告をほぼ全文にわたって引用してみました。

まず最初に、これだけ突っ込ませてください。

何もご存知ない方は、驚かれることと思います。

ご容赦下さい。

誠に愚かすぎて、弁明の余地もない状況です。

とか言ってお前その後めちゃくちゃ弁明しまくってるじゃねえか!!!!!!!!!

はぁ~、スッキリした・・・。失礼しました、スッキリしたところで先へ進めます。

与沢翼、破産寸前に至るまでの経緯と弁明

まあいろいろめんどくせーことをごちゃごちゃと抜かしてやがるんですが、細かい数字の話だのはぶっちゃけ関係者でも何でもない僕らにとってはクソどうでもよく、早い話が経営に行き詰まってパンクしたということですね。

まあそりゃあいくら稼いでも、あれだけ派手に散財してたらそういうことにもなりますよね。入っていくお金よりも出て行くお金のほうが多くなればやっていけなくなるなんていうことは、ホリエモン超えを果たすと息巻く経営者なんかではなくても、そこいらへんの主婦のみなさんやお小遣いのやりくりに悩む小学生のみなさんでも当たり前にわかっていることです。

しかしまあ、与沢翼さんは自ら「秒速で億を稼ぐ」と豪語していたわけですけど、たしかにあれだけ一瞬で(もちろん実際にはそのために入念かつ綿密に仕組んだプロダクトローンチなりのマーケティング手法があるわけですが)大金を生み出すような華々しい「成功」を収めてしまうと、与沢翼さんが自ら「メディアで発言する自分の言葉に自分が洗脳を受けていき」と告白している通り、現実と妄想の境目がわからなくなってきてしまうのかもしれません。

それこそ彼自身のセルフイメージの中で、与沢翼さんは自らを歴史上の英雄(与沢翼さんの好きな中国史における曹操や韓信のような)だったり、果ては自分のことを神ででもあるかのように錯覚してしまっていたのかもしれません。

去年の後半にはフリーエージェントスタイルの上級副社長?とかいうよくわからない役職の小西玲太朗といった優秀な幹部、側近の離反があったようですが、彼らの苦言に耳を貸すだけの度量が与沢翼にはなかったのかもしれません。あるいは彼らの離反も敏感に今日の与沢翼の破綻、破滅を察しての沈みゆく船からの離脱だったのかもしれません。

ネットではさも勝利宣言でもあるかのように「与沢翼破産wwwwwwww」などと言った文字が踊っているのを見かけますが、少なくとも現状破産ではありません。むしろあきらめて破産させたほうがよっぽど楽だろうに、現状破産はさせずに事業を継続する見通しであるようです。

もっとも今回の報告で波が一気に引くようにいろいろな金回りや人脈が彼を離れていくと思うので今後さらに与沢翼さんにとっては厳しい状況が連鎖的に続くことはほとんど避けようもなく必至ですが。

与沢翼さんはそんなこともわからないほどのバカでもなければアホでもない(多分www)ので、今回のことは本当に与沢翼さんなりに覚悟の上でということなのでしょう。

酒と見栄と女に狂った典型的なアホ経営者です。

全て私が悪いです。

経営者の反面教師の鏡だと思います。

おそらくこれは誰にかばいようもなく与沢翼さんご本人の仰る通りなのでしょう。

今年年頭の山田るり子さんとの別れを綴ったバーキンポエム以降、怒涛の展開で新彼女のあーちゃんを広告塔として全面に打ち出し、グラビアアイドル、レースクイーンでもあるあーちゃんのTバック写真やケツ写真を執拗にアップしてきた彼ですが、さすがに新彼女のケツのアップだけでは厳しい現実を打開できなかったらしく、本人がアップアップでこのたびのギブアップ宣言と相成ったようです。

また、そこまで新彼女のあーちゃんにケツを出させて自らのセルフブランディングに利用しておきながら、その割りには女遊びがバレすぎてあーちゃんがご立腹であるといった報告もしており、さすがにここまで女狂いぶりをアピールされると、どこまでが演出なのか、はたまた半分本気で狂ってしまっているのではないかと疑わしく感じていました。

今年年頭のバーキンポエム以降、なにげなく彼について記事を書いているうちに、いつしか本気で与沢翼という人間に興味を持ってしまい、ブログを読むのみならず、秒速で1億円稼ぐ条件秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリといった彼の本まで図書館で予約して読んでしまうくらい与沢翼さんに興味を持っていた僕ですので、ここ最近それまですごい勢いで日々更新されていた彼のブログが2週間ほどまったく更新されなくなっていたので、これはもしかしたら・・・と思うところがありました。

破産寸前でもビジネスの原理原則を伝える与沢翼の啓蒙心は異常

しかしそれにしてもさすがは与沢翼、腐っても鯛、落ちぶれても与沢翼の格言通り(そんな格言はない)、自ら敗北宣言であることを認め、関係者への謝罪も兼ねているであろうこの報告においてすら、なぜかプロダクトローンチの危険性を訴えたり、この期に及んでまだ「蒼天すでに死す」とか気宇壮大に中国史を引用したり、「今になってようやく松下幸之助や京セラの稲盛会長の言っていることの意味が呑み込めるようになってきた」だのと十分に生意気な大言壮語をほざているあたり、本人は本当にへこたれているつもりなんでしょうが、まわりからすると「お前、それでもほんとにへこんでんの?」って言いたくなるような向上心と啓蒙精神の塊のような男です。

この持って生まれた憎まれ役の精神は大したものだと思いますし(そのせいでよけい叩かれたりするから不幸といえば不幸なんだけど)、大言壮語を吐いて自他を啓発・啓蒙していこうという精神はフェイクでもなんでもなく与沢翼という人格の本質的な精神であり熱意であったのでしょう。

まあいくら自他を啓蒙する精神や熱意があっても中身が伴ってなければしょうがないんですけどね(誉めて落とすパターン)。ましてこの報告中の、

新しいビジネスは、価値に比例する適正利益だけで十分すぎます。膨大に儲けることはもう考えていないからです。

の一文は、裏を返せば明らかにこれまでやってきたビジネスは自分が儲けることばかり考えて価値に対して適正ではない利益を貪っていたことの告白とも受け取れるわけで、その点に関しては与沢翼さん本人に心あたりがあるのならこれからはまっとうにやってほしいところだと思います。

与沢塾4期はどうなるんだろう・・・

さて、その与沢翼さんですが、正々堂々謝罪は立派、というよりは最低限当たり前の経営者としての責任だよなって話なんですけど、謝罪はともかくとしてですね、続行を明言している与沢塾4期ってどうなるんですかね?

いや、もちろん僕は与沢塾の塾生でもなんでもないんで「責任取れ!」だの「返金しろ!」だの騒ぐつもりは毛頭ないんですけど、そういうこと言い出す人っていないのかな?

だって僕だったら自分が与沢翼さんの華々しい成功ぶりに射幸心を煽られて何十万円という高額のお金を支払ったものの、その当の与沢翼さんが「俺のやり方は全部間違ってました。もう無理です。すいません」なんて言って謝ってたらモチベーションどころじゃないと思うんですよねwwwwwwwwww

アフィリエイトビジネスのノウハウやそのためのツール類の提供はもちろん、与沢塾ではすべての土台、前提となるマインドセットの教育ということに力を入れているというのが一つの大きな売りである、というふうに一部外者としての僕は認識していたんですが、その頭首たる与沢翼さん本人がすっかり矢折れ刀突き、精も根も尽き果てたていで自らの臓腑を吐き出すかのような告白を懺悔とともにしている現状、もう今の与沢翼さんにこれまでのような帝王マインドも虚勢もクソもあったもんじゃないと思うんですけど、そんな与沢翼さんから「俺がビジネスで成功するためのマインドを教えてやる」なんて動画コンテンツの教材が届いても、与沢塾の塾生のみなさんはそれを素直な気持ちで学べるんですかね?

もうはっきり言って今回の与沢翼完全終了のお知らせを以って与沢翼さんのブランドイメージ、カリスマ性、それらはすべてこれ以上ないくらい完全に地に落ちたと思うんですよね。そんな人に高いお金を払ってビジネスを教えてもらおうとする人がいるとは正直思えません。

現状与沢塾4期の募集がどういう状況になっているのかは把握していませんが、先だってアフィリエイトはこれまでの与沢塾の塾生限定で先行募集があったことは把握しています。当然その時点で申し込んで入金している人も少なからずいるはずなんですが、その人たちはこの度の事態をどう受け止めているんでしょう?納得できるのでしょうか?

まあ僕だったら絶対納得なんてできるはずないんですけど、所詮他人事だから関係ないし、むしろ正直変な話、すっかり与沢翼さんに対して同情的な人間になってしまっているので、そのことでまた一悶着あって炎上だの返金騒ぎだのになって、プロモーションにかかったお金や塾生へのアフィリエイト報酬ばかりがかさんだ挙句、肝心の売上は全部パーになる、みたいな事態になったらあまりにも与沢翼さんが踏んだり蹴ったりすぎてかわいそうだな~、なんてことまで思ってしまいます(まあそうなったとしても完全に自業自得なんでしょうがないんですけど)。

与沢塾の塾生さんから与沢塾4期生にスカウトされてた件

スカウトっていうのは大げさですね、っていうかまあただの嘘なんですけど、普通に与沢塾の塾生さんから直接メッセージをもらって与沢塾4期に勧誘されてましたwwwwwwwww

この記事の冒頭に一応リンクも貼ったんですけど、これまでに与沢翼さんに関していくつか記事を書いたことがあり、それがけっこう話題になって1記事で15万PVとか、与沢さんの記事だけで25万PV以上とか、けっこういろんな人に見てもらったみたいで、しまいにはあろうことか与沢翼さん本人にも読んでもらってたらしく、しかも自分で言うのもなんですけど控えめに言ってもかなり与沢翼さんのことをコケにしくさった内容であるにもかかわらず気に入っていただいたみたいで、与沢塾の講義だったり塾生さんへの個別コンサルで与沢翼さん自ら僕のブログをたびたび紹介してくれたりしていたらしいのですね(なんでそうなるんだよwwwwwwwwww)。

で、何人かの塾生さんから感想をツイッターへのリプライでもらったり、フェイスブックにメッセージをもらったりしたんですけど、与沢塾4期の先行募集にあたってですね、与沢塾で与沢さんが奨励している方法なのか、単にその塾生さんの独自の手法なのかはわかりませんが、「直接会って与沢塾について説明させてほしい、普通はみんな特典をつけてアフィリエイトしているけど、私は特典はつけない代わりに現金でアフィリエイト報酬をキャッシュバックするから」、といった旨のお誘いをいただいていたのですね。

もちろん丁重にお断りはしたんですけど、ただ断るのも芸がないので、せっかくだからダメ元でこっちから逆にオファーを出してみたんですよね。「与沢塾の潜入レポート書いてよざーさんのバイラルマーケティングに協力するから、参加費無料(あるいは潜入レポートのPV数による割引)で参加させてもらえるようにヨザーさんに話をつけてくれ」って頼んでみましたwwwwwwww

もちろんアフィリエイト報酬もきちんとその人に入る条件でってことで一度は快諾してもらったものの、やっぱり与沢翼会長本人を前にしてこんなふざけたオファーは切り出せなかったのか、結局この話は与沢さんには言い出せなかったようで残念なんですけど(断られるなりに与沢さんがどういう返事をしてくれるか楽しみにしていた)。

まあもっともそんな話をしていた今月のうちに今回の倒産寸前のお知らせですから、塾生さんから「ただで参加させてくれって言ってる奴がいますけど」なんて話を聞いたら与沢さんも怒り狂うかストレスで卒倒していた可能性もあるのでこれでよかったのかもしれません。

与沢翼の明日はどっちだ?

与沢翼の明日はどっちだ?っていうか、与沢翼さんに本当に明日なんてあるんでしょうか?

数年前、最初に手がけたアパレルの会社を破産させたとき、当時の彼女であった山田るり子さんは彼のもとに残ってくれたそうな。そしてその後のインフォビジネス界に業種を鞍替えしてからのごく短期間での彼の再起と破竹の勢いでのそれまでをはるかに上回るレベルの大成功とは、与沢翼さんが自ら誇っていたようにギネス級のものがあったのかもしれません。

しかし、その山田るり子さんのことも捨てたんだか捨てられたんだか、別れ話までバズマーケティングやセルフブランディングに利用して、さらには今の与沢翼さんには前回のような再気にかける意気込みもないと与沢翼さんが自ら明言してしまっている今、いったいどれだけのもの、どれだけの人が彼のもとに残ってくれるのでしょうか?

さんざん広告塔やブランディングに利用しておきながら、派手な女遊びや浮気を悪びれるでもなくブログなどに書かれていた新彼女のあーちゃんは果たして与沢翼さんのもとに残るのでしょうか?それとももうとっくに別れてたりするんでしょうか?まあ別れてようとこれから別れるんだろうとなにひとつ新彼女が責められる謂れはないんですけど(完全に与沢翼さんの自業自得)。

ただ個人的には今の与沢翼さんが陥っている苦境を思うと、自業自得とはいえなかなかしんどそうだなー、と思わずにはいられません。

とにかく一人になって、所持金ゼロでしばらく実家か祖母のところに消えたい。これが最近まで考えていた本心です。

ただ、私にはまだ義務が残っています。

残債を全て支払い、再建しなければいけません。

弁護士に一任して事業停止をし、実家に帰るのが一番楽ですが、それも、正しい道であるように思えてきません。

2年半のツケを全て支払うため、私はしばらく苦しんだ方がいいと思っています。

信用不安を覚悟で、この情報を公開していますから、これから誰かと取引をしたい、誰かと取引ができるとも思っていません。

今後、最小のコストまで切り詰め、文字通り独力、自分の力でマイナスの状況から、やっていくしかないです。

という今回の告白ばかりは、前回の山田るり子さんとの別れを綴ったバーキンポエムのような、注目を集めるための計算づくでのバズマーケティングの一環などではないような気がします。

与沢翼さんのこれまでの2年半というものがどのようなものだったかということはもちろん無関係な僕にはまったくあずかり知らぬことですが、事ここに至ってしまった今取りうる対処のしかた、ケツの拭き方としては十分に立派な覚悟だと思います。

与沢翼はフリーエージェントという自らの原点に帰ってやり直すべき

個人的には与沢翼さんってよくも悪くも本当にすごい人だと思うんですよね。ただそのすごさっていうのはあくまで与沢翼さん自身が社名にもしているフリーエージェントスタイルではってことなんですよね。

その2年半前の成功の原点を失って、自他に対する自分のイメージを過剰に大きく膨らませ、企業やグループとして何百億、何千億っていう規模を目指していく、っていうのは明らかに一個人を超えた話なわけで、よくも悪くも所詮一個人であるフリーエージェントとはまったく違う資質、違った器が必要なんだろうと思うのです。

少なくとも現時点での与沢翼さんにはそれはなかったということなのでしょう。ただ今後再び与沢さんがそこを目指すかどうかはともかく、しばらくはまた独力、自分ひとりの自力でやっていくという点に関しては、多分ほんとになんとかしちゃう人なんだろうなって個人的には思っています。

なんで、与沢翼完全終了のお知らせとは銘打ったりしてしまいましたが、「与沢ざまあwwwwwwwwwwww調子こいてた詐欺師の末路wwwwwwwww」みたいなことは僕はまったく思わないし、自殺したりほんとに人生が終わっちまうまでは、彼にかぎらずどんな人も、どんな苦境に陥ったって「完全終了」なんてことはないと思ってたりします。

さらに言うなら、人間そういう苦境からの再起だったり這い上がりこそが人生最高の醍醐味だし、人の人生を見ていても最高に興味深い部分だと思うんですよね(いちいちここでハリウッド映画に代表される『神話の法則』だのジョセフ・キャンベルの『ヒーローズ・ジャーニー』の原則だのを引くまでもなく)。

それこそ世界に目を向ければ、アメリカの不動産王ドナルド・トランプの破産と復活なんて、同じ自己顕示欲旺盛な実業家でもまだまだ与沢翼さんは足元にも及びません。もちろん与沢翼さんにドナルド・トランプほどの実業家としての器があるのかって話は別としても(多分ない)、まだまだこの程度で終わる気は与沢翼さんにもないはずだと思うのです。

なので、個人的にはこうなってみて、すっかり落ちぶれ果てた与沢翼さんからますます目が離せません。「がんばってほしい」なんて言ったら死ぬほど大きなお世話だしそんなこと僕ごときや他人に言われることではなく、本人が勝手にがんばるだけだから言わないですけど、その様子を勝手にニヤニヤしながら見ていたい気持ちは強いです(「人の不幸は蜜の味」的な気持ちではなく)。

別にまた華々しく復活してほしいとか世間的な意味でのわかりやすい成功を収めてほしいとかそういう話でもなく。ただ与沢翼さん本人が自分は経営者としてしか生きていけないということははっきり自覚しているようなので、どっか人の下で雇われて生きるってことはないと思いますけど。

ことここに至っては与沢翼さんのことをすごい起業家だとかすごい経営者だなんてことは、彼自身含めて誰にも言えなくなったと思うんですけど、でもちょっと並大抵の人間には死んでも真似できないようなすごく面白い人生だよね、ってことは言えると思います。当然毀誉褒貶はあるに決まってるんですけど、ぶっちゃけ「善悪」なんて価値観はその前にはどうでもいい些事に思えてしまうくらい、僕は面白い人のことが好きです。

まあ今の与沢翼さんの苦境を思うとご苦労なことだとは思いますが、これも彼自身今まで散々吹いてきたように、すごい星の下に生まれてきてしまったご自分の天命であるとあきらめて、こんなところでくたばったり終わったりしてないでこれからも僕みたいな面白い人間好きの下世話な人間のことを面白がらせてほしいと大いに期待しています。

与沢翼さんくらいの面白い逸材って探してもめったにいるもんじゃないですから。その点に関しては僕が保証するんで(僕の保証なんてものにどれだけの価値があるか知らないけどwwwww)、そこは自信を失ったりしないでこれからも勘違い気味の自信と行動力で誰にも真似できない面白い人生を切り開き続けていってほしいと思っています。

まつたけのブログはこれからの与沢翼さんの人生を全力で応援しています!おしまい。

      ,' /
     i .l
.    | 、
    、.\ ヽ
      、 \ . ヽ ._
         丶.   ‐  _
           ` ‐ _  (´・ω,(´・ω・)
                  (ー(,, O┬O
                   ())'J_))
    「俺たち、終わっちゃったのかなぁ・・・」 
    「ばかやろう、まだはじまっちゃいねぇよ!」


秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ

ありえない成功のカラクリはほんとにありえなかったみたいです・・・。次はとりあえず「秒速で破産するありがちなカラクリ」の出版で再起を図りましょう!負けるな、与沢翼!!!!