まつたけのブログ

世界の片隅で愛を避ける孤独なキノコの魂の叫びを聞け!…聞いてください(◞‸◟)猫とマンガとアニメと嵐をこよなく愛するまつたけによるまつたけのブログ

猫を保健所に送るな

捨て猫を保健所送りにすることの是非などについて、まとまりもなにもない話をします。

「猫を保健所に送るくらいなら捨ててほしい」ってことまで言います。反感を買うのも怒られるのもわかってますが、僕にしたら別に怒らせようとして言ってるわけではないし、怒るにしても一応僕が言いたいことの真意は最低限理解した上で怒ってもらえたらと思います。

本文中だいたい保健所送り=殺処分みたいな感じで書いてあります。100%ではないってことですが、9割以上は殺されるらしいので、僕の中では保健所送り≒猫を殺すことくらいの感じです。それがもう気に食わない人は続きを読んだりしたらストレスで胃に穴が空いて発狂するかもしれませんが、牛乳を飲むと胃に膜ができて多少バリア効果があるかも知れないのでおすすめです。

猫を保健所に連れて行くな

以前猫好きで知られる芸能人の人が、「里親が見つからなかったので拾った猫を保健所に連れていきます」って一般人のツイートに対して、「保健所に連れて行くな」とツイートしてかなりの炎上騒ぎになったことがありました。

僕は芸能人とか興味ないしどうでもいいけど、その人のことは例外的に大好きなので、いろんな人からボッコボッコに叩かれてひどいことを言われまくっててすごく悲しくなりました。

個人的には自分の意見を言うにしてもリツイートはしなくてよかったかなとか、その猫を助けたいということが最優先なら、今回は「保健所に連れて行くな」って意見は我慢して「誰か引き取れる人いませんか?」って探す方向に切り替えるべきだったのかなって思いますが、こんなのは後からだから言えることで、そのとき衝動的に湧いてきた気持ちを考えたら難しいよなって思います。

でもそういうツイッターの使い方に関する意見だったり、「そうは言っても仕方ないじゃないか」みたいな保健所送りの是非についての意見とか、そういうのは必ずしもどっちが正しいとか間違ってるじゃなくても当然あるだろうけど、落ち度があったにしてもどうしてそんなこと言われなきゃいけないの?ってくらいひどい人格否定をされまくってて、ネットのこういうところってほんとクソだな、ていうかそういう使い方しかできない奴らって本当にクソだなって思いました。

でも別に今回はそういう叩ける「悪者」を探してみんなでよってたかってひどいことを言いまくってそれで自分たちが正義を遂行していると勘違いすることでしか気持ちよくなれない人たちの話ではなく、捨て猫ってどうすりゃいいんだろう?って話です。

(余談ですが、多分その人も狙っていたとか計算していたとは言わないけど、自分の発言の結果炎上する可能性は重々承知していたと思います。それでみんながこの問題について考えるきっかけになるなら、とまで啓発的な意図があったとは思いませんが、誰にどう言われようと譲る気のない気持ちを、炎上覚悟でツイートしたのだと思います。でも問題の是非と関係ないところでただの人格攻撃とか、そういうのってほんとくだらないししょーもないと思います)

捨て猫ってどうすればいいんだろう

最初に言っておくと、この記事に合理的な結論とかはないです。一応書く前にいろいろ考えたのですが、理想というよりは荒唐無稽な妄想しか思い浮かばず、現実的な解決策みたいなのは一切出てきません。自分の気持ちだけを書きました。

捨て猫ってどうすればいいんでしょう?本当にいいアイディアがあったら教えてほしいです。

でもとりあえず僕にはさっぱり思い浮かばないので、いろいろ考えた妄想や個人的な意見について書いてみます。以下の文章には一切まとまりもなければ現実性もないので、少なくとも現実的な解決策にしか興味がない人は読んでも時間の無駄になってしまうかと思いますので、他を当たるなりご自身でよい解決策を考えるなりされてください(もしいい考えがあったら教えてください)。

ちなみに僕が捨て猫を見かけたらほっとく一択です。誰かちゃんと面倒見れる人が拾ってくれますようにって思うけど、自分には無理なのでそのときだけ餌をあげたりしても、後はもう見なかったことにして知らん振りします。そういうとき保健所とかじゃなくて、電話で連絡を入れれば助けてくれる仕組みがあればいいのにとか、そういう現実性のなさそうな妄想の話とかたくさんします。

野良猫が野良猫のまましあわせに生きられれば理想

まず、僕自身の理想を言えば、僕は猫が大好きなので、全人類が猫を大好きになったら一番楽で楽しくていいのになあと思います。そうすれば、保健所送りになって殺処分される猫もいなくなると思うからです。

僕の考える理想の世界は、猫をあらゆる面でちゃんと最期まで看取るとこまで面倒を見れる人はもちろん猫を飼ってもいいのですが、僕みたいに死別に耐える自信のない人間や、そもそも自分に生き物の世話をしたり命の責任を引き受けるような資格はないということを重々承知している人間は、最初から猫を飼ったり拾ったりしない世界です。

そして、普通にそこいらに野良猫がいて、太り過ぎない程度に適当に餌とかを与えられて、野良猫が野良猫のまましあわせに暮らせる世界があったら夢のようだなーと思います(夢なんだけど)。

まあ万が一そんな世界が本当に実現してしまったら、あっという間に野良猫で世界があふれかえって、これまではなかったいろんな問題が出てきたりするのか、それはわかりませんが、どうせそんな世界は実現しないので別にそこまでは妄想してません。

野良猫の王様気取りでしあわせだった日々

でも、昔本当にそんな天国のような世界を半年くらいの短い間でしたが過ごしていたことがあって、本当にしあわせでした。

その頃僕のうちの近所にはけっこう野良猫がいて、かわいがってペットショップで猫用のおもちゃを買って遊んだり、貧しいので自分が一日二食だったのを一食に減らして猫の餌を買ってあげたりしているうちに、僕がアパートの玄関のドアを開けて外に出た瞬間に階段を猛ダッシュで猫たちが駆け上がってきて現れるというハイパーかわいい仕組が完成し、この世の春を謳歌していました。

その頃はよく夜中散歩に出かけていました。僕が夜うちを出ると、だいたい2,3匹の子猫がすぐに駆け寄ってきて、散歩してる間じゅうずっととことこついてくるのがクソかわいかったです。本当に、今思い出しても夢のような毎日でした。

猫好きもいれば猫が嫌いな人もいるから難しい

でも、ある日僕がいつものように餌をあげようとしていたら、いきなりでっかい袋を持ったおばさんに遠くから声をかけられて、「ああよかった!お兄さんその猫捕まえて!」と言われました。

「?」と思っていると、「野良猫たちのせいで迷惑しているから捕まえて保健所に送るんだ」というようなことを言っていたので、まだ話している途中でうちに入ってドアを閉めてしまいました。

僕が保健所送りにするために猫を捕まえてくれると信じて疑っていないようなおばさんの笑顔が、ものすごくこわくて気持ち悪く感じたのを覚えています。

でも、そのおばさんが具体的に野良猫たちにどんな迷惑を被ったのかは知りませんが、「私は迷惑してるんだ、だから保健所に送ってやるんだ」と言って、実際保健所の人も呼んでいたくらいなので、そのこと自体はどうしようもありません。

猫が嫌いな人にしたら、道ばたで用を足されるのも迷惑と思うかもしれないし、勝手に家に入ってきて食べ物を荒らされたとかかもしれません。それはわかりませんが、猫好きの自分にはしかたないで笑って済ませられることも、嫌いな人からすれば本当に迷惑に感じていたということは事実なのだろうと思います。

だからそのおばさんが血も涙もない悪人とかって話ではないですし、少なくとも僕にはおばさんに「我慢して下さい」とは言えなかったし、今でも言えないです。

とりあえず、僕はバカなので「これからは餌をあげるのは夜だけにして、見つからないようにこっそりあげることにしよう」などとのんきなことを考えていたのですが、夜散歩に行こうとすると、いつも玄関を出るなり飛んできていた子猫たちが出てこなかったので、僕は一瞬で胸が潰れたみたいになってうちに帰ってふとんに頭から突っ込みました。そして、もう夜中散歩に行くのも猫に餌をあげるのもやめることにしました。

僕は基本引きこもりなのですが、それからたまに外出しても、ママ猫も子猫も見かけなくなってしまいました。ある日久しぶりにパパ猫を見かけたときは一瞬すごくうれしかったけど、ママ猫も子猫もいないのでやっぱりすぐに悲しくなりました。

僕は悲しいことは無理やり考えないようにする主義なので、僕の中でママ猫と子猫たちは捕まえようと追いかけてくる人たちから逃げて、どこか別の場所に行ってしまったという設定にしたのですが、やっぱりそんなはずねえだろって思って思い出すたび死ぬほど悲しくなります。

猫や動物を面白半分に虐殺する人は、隔離するか死刑になればいい

猫のことが大好きな人もいれば、猫が嫌いな人もいるし、アレルギーのある人もいるし、そうかと思えば、猫を殺したり解剖するのが好きだという人もいます。

いろんな人がいるという当たり前の事実を前に、僕には一体どうすればいいのかわかりません。

個人的には、猫を虐殺したりカモにボーガンを射ったりするような人のことは、人間のことも平気で殺したりしそうだし、危ないから法律で捕まえてどっかそういう人たちだけの施設に入れて隔離するとか、できればガス室送りにして死刑にするとか、そうなればいいなって思っているけど、そんなこと実現するはずないし、「そんなこと思ってるお前こそサイコパスだから死ねばいい」とか、「危険な人間と面倒見れなくなった猫を保健所送りにして殺処分することの何が違うんだ?」とか、そういうことを言われるだけなのもわかっているし言っても仕方ないのはわかっています。

猫のことで悩む人間の気も知らずしあわせそうな猫かわいい

家で飼われてる猫もかわいいと思うけど、僕は野良猫がすごく好きで、塀の上で丸まってたり、ちょうどうちを出たとき大家さんのうちの庭とか縁側で完全にくつろいだ姿で寝ている猫を見ると、死ぬほどなごみます。

最近、また近所に少しずつ野良猫が増えてきました。またどうなるかわからないので、餌をあげたり遊んだりはしないようにしていますが、でもやっぱり見かけるとクソかわいくて、死ぬほど癒されます。横目で見るくらいにして通りすぎようと思うのですが、つい立ち止まってしまいます。

多分、例のおばさんや野良猫をよくなく思っている人たちもいるはずですが、堂々と餌をあげてる人もいたりして、正直僕は少しうれしいです。

野良猫ってしあわせなんでしょうか?それとも平均的な飼い猫よりも苦労が多くて大変だったりするんでしょうか?そもそも猫や犬や他の動物は、どこまで感情を持っているんでしょうか?

「うれしい」とか「こわい」とか「おこ」とか「激おこ」くらいはなんとなくわかるのですが、やっぱり彼らは人間にわかるような形では言葉を話してくれないので、どんなふうに感じているのか、たしかには確認することができません。

なのでこれは僕が勝手にそう思ってるだけなんですが、少なくとも僕の知る野良猫は、けっこう楽しそうに、しあわせそうに、それなりに満足のいく生き方をしているような気がします。

だから僕の考える理想世界は野良猫のいない世界ではなく、むしろ野良猫も野良猫としてしあわせに生きていける世界です。

おやすみ。次に目が覚めたら素敵な飼い主さんがいるか野良猫の王様ね

ていうか、あんまり近所の野良猫たちが完璧過ぎて、あんまりいつ見ても本当に満足そうな顔でひなたぼっこしながらお昼寝してたりする姿を見ると、猫はだいたいいつでもしあわせでいられる生き物なのかな?って思うこともあります。

でも、やっぱりだからといって、保健所で殺される猫とか、見たくないし想像したくもないです。

誰かきちんと面倒を見てかわいがってくれる人に飼われるでも、野良猫としてただそこいらを歩いたりお昼寝をしたりしているだけで近所の人や通行人にかわいがられて餌をもらって暮らすでも、猫のほうでは大して問題なくしあわせに生きているように見えるけど、保健所に送られて殺される猫がしあわせだという想像をすることができません

ていうか少なくとも殺されちゃったらその後のしあわせもクソもないことだけはたしかです。

ところで保健所送りにされてガスで殺されるのって、苦しいんでしょうか?それとも眠るみたいに楽に死ねるんでしょうか?どうせ殺されてしまうなら、せめてこわがったり苦しまずに眠るように死ねる方法で殺してあげてほしいです。

ボランティアよりビジネスとしての保護施設って無理かなー?

たとえば冒頭で触れた芸能人の人とか、捨て猫を保護する活動をされている人もいて、個人的にはすごくうれしいし立派な活動だと思っているのですが、でも保護することそのものにはどうしたって限界があると思います。

気持ちの上では捨て猫を拾いたいとか飼いたいと思っていても、実際には面倒見れなかったり、あるいは一般家庭で十匹も二十匹も飼うのは現実的に難しいとか、そういう限界はどうしたってあります。

ビル・ゲイツみたいなすごいお金持ちの人とか、有名芸能人みたいな人が強く呼びかけてスポンサーとかを募りながら、捨て猫の面倒を見る大きな施設をつくったりできないものかな(無償でいいから管理人やらせてほしいな)って少し思ったけど、それにしても限界もあれば根本的な解決になってないし、「いざとなればそこに預ければいいし」みたいな気持ちでかえってクソみたいな飼い主が増えて捨て猫が増えたりしたら目も当てられないし難しいなーって思いました。

それか、慈善事業みたいな形を前提に考えてしまうから限界があるんであって、いっそビジネスにできれば一番いいのかなーって思います。「捨てられた生き物の命でビジネスとか最低」って言う人はいるでしょうが、そういう人って猫の面倒を見るにも当たり前に金がかかるってこともわからないような、はじめから命のことを考えられないような人だと思うので別に気にしないです。

たとえば「どうしてもうちで面倒を見ることはできなくなったし他の里親も見つけられなかったけど、謝礼も加えてお金は送るから預けるという形で面倒を見てほしい、それでたまに会いたくなったらいつでも会いにこれるようにしてほしい」とか、そういう人も普通にいると思うのですが、無理かなー?

もちろんがっぽがっぽ笑いが止まらないくらい利益が出れば、店舗(?)も増やしてどんどん拡大していけるけど、結局人間なんて勝手な生き物だから、せいぜいが最初のうち手切れ金みたいなつもりで少し払ったら、その後は自分の手元にいない(元)ペットのためになんて養育費も払わないような奴らが多くて、ビジネスとしてはとても成り立たないのかなー?

生き物の命を預かるだけ預かっておいて空中分解したり頓挫したら目も当てられないので、僕にはとてもできませんが、ビジネスの天才みたいな人とか頭のいい人とか、もしうまいことやれる人がいたらぜひお願いしますm(_ _)m

保健所送りにするよりは捨てたほうがまだ生存確率高い気がする

そもそも論的な話をすれば、基本的に「飼えないなら拾うなよ」という気持ちはあります。拾っておいてから「がんばってみたけどやっぱ無理だから保健所に送るわ」とか、個人的には口から泡を吹いて倒れそうになります。

そういう人間がどうせ面倒も見れないくせに拾ったりしないで、そのままほっといてくれたらちゃんと面倒見れる人が拾えたかもしれないのにって思うからです。

「それでも助けてあげたかったんだよ」とか、別にその人の気持ちそのものまで全否定しようとは思いませんが、今しているのはそういう本人の気持ちの話とかじゃなくて、結果としての事実の話です。

まあたとえば寒空の下で今にも餓死寸前みたいな感じだったらそんな悠長なことも言ってられないし、とりあえず長いこと面倒見るのは無理でもひとまず餌をあげたりあったかい場所で一晩寝かせたり、そういう状況ではケース・バイ・ケースだとは思うのですが、自分で飼えないとかもらってくれる人の宛てがどうしてもつかないとかなら、やれるだけのことやったら後はまたどっか拾ってくれる人がいそうな場所に捨ててほしいなって思います。

「結局捨てるなんて可哀想」とか「お前最低だな」とか言われるのはわかってるんですけど、保健所送りよりはましだと思っています(ちゃんと飼える人に拾ってもらえる可能性があるから)。

それに捨てることがいいことだとはもちろん思ってませんが、どういうつもりでも一度拾ってしまったなら、結局無理ってことならせめて自分も一度は拾った命を捨てたんだって罪悪感を背負うくらいの責任感は必要なんじゃないかと思います。まあそんなもん何の役にも立たないし、ちゃんと最後まで面倒見れればそれが一番いいに決まってるんですけど。

生き物を飼うってよっぽどのことだって自覚してほしい

本当に生き物の命に責任を引き受けるって難しいなーって思います。難しいっていうか、僕自身にはほとんど不可能なことのように思えるので、多分生涯生き物を飼ったりすることはないと思います。死別とか絶対無理だし。だから個人的にはぬいぐるみが最高です。モコちゃん愛してる。

あ、でもマジで今の世の中ぬいぐるみはもちろん面白いゲームとか娯楽とか、楽しいこととか暇つぶしの手段だったらいくらでもあるので、「なにがあっても絶対最期まで面倒を見る!」くらいのよっぽどの強い覚悟があるんじゃなかったらマジでペットを飼おうなんてすべきじゃないって思ってます。

よく「急に引っ越すことになっちゃったんだからしょうがないじゃん!」とか、だから自分に責められる謂れはないみたいに必死になって自己正当化を図ってる人を見かけるけど、胸に手を当てて考えて、なんかあったとき自分がそういうことを言って責任逃れした気になってペットを捨てそうだな、って少しでも思う人はマジでペットとか最初から飼うべきではないと思うし、それはそれで立派な決断だと思ってます。

ぬいぐるみいいですよ。大事なのはかわいがってるこっち側の気持ちですから。どうせわかりもしない犬猫動物に、「かわいがってあげる」だの「助けてあげる」だなんて上から目線で接しても、相手にしても迷惑なだけかもしれないし、それこそそんな一方的で思い上がった人ってちょっと不都合が生じたらすぐ「しかたないじゃない」とか言って捨てそうだし。

その点ぬいぐるみはいくらでも上からだろうと下からだろうと、一方的なかわいがりかたができるので生き物を飼う資格のない人にもおすすめです。現に僕も子供の頃からずっとそばにいてくれた子と今も一緒に寝ています。しあわせです。死なないし。おすすめです。

教育が必要なのはペットである前にまず人間

もちろん生きてる猫や犬には生きてる猫や犬ならではのかわいさや魅力がありますが、それを愛でるだけなら道ばたで寝転んでる猫ややさしそうな飼い主さんがお散歩してる途中の犬とかでもできます。四六時中自分が面倒を見たいんだというのは本当にその資格のある一部の特別な立派な人にだけ許されたことだと思いますよ。

「ペットを飼うくらいのことでなにを大げさな」って鼻で笑う人がいるとしたら(いるんでしょうけど)、僕はそういう人がいるから保健所送りになる捨て猫や殺処分の問題もこの先もずっと解決しないんだろうなーって思います。

とにかく最期まで飼えないような人は最初から飼わないでくれたらベストなんですけどね。ペットを飼うこと自体が悪いことだとは僕は思わないし、当たり前にちゃんと最期まで面倒見てる人たちは全然いいんだけど、それって大変なことだし、みんなにできるようなことじゃないんだから、生き物の命に責任を負う資格のない人は最初から飼わないようにきちんと教育できればいいのにって思います。

だってそもそも悪いのはペットのはずがないんだから。勝手に自分の都合で飼おうとしたり、やっぱり無理だったとか飽きたとかで捨てたり保健所送りにするような人間の側のほうが問題に決まってるわけで、ペットの側はそれにさんざん振り回されるだけでほんとかわいそうだし迷惑してるよなって思うと申し訳なくなります。

猫や犬のほうを、どうすれば人間に飽きずにかわいがってもらえるか教育できない以上、教育が必要なのは人間のほうだと思います。どうしても飼いたいという人には、自分に生き物の命の責任を引き受けるだけの資格があるのかちゃんと考えてほしいです。 

殺処分は嫌だけど去勢は認めてしまう身勝手さ

あと、捨て猫を保健所送りにするかどうかの話って、妊娠中絶の是非の話とか赤ちゃんポストの話とすごくよく似てるなって思います。でもそんなこと言ったら「人間と猫を一緒にするな!」とかいろいろ怒られそうだし、僕もまだ上手に書ける自信がないのでやっぱりそれはまたにします。

あとそうだ、絶対実現しない妄想シリーズでもうひとつ考えたのが、「猫好きだけの国があればいいのに」って話。今までだったら保健所に送られていた猫はみんなその国に送られて野良猫になるの。それでそこで暮らせるのは猫好きだけだから、みんな野良猫にも餌をあげたりかわいがったりして人も猫もみんなしあわせに暮らす国があったら天国だなーって思いました。まあ国とか言うとあまりに現実性なさすぎですけど、野良猫保護特区みたいなのあったらいいなー

でもほんと生き物って難しいですよね。勝手に増えたり死んだりしやがるから。そもそも人間のエゴで他の動物のことを殺したり都合よく愛玩具にするなんてひどいじゃないかって考えもあるし。

僕も捨て猫を保健所送りにして殺処分にするとか絶対嫌だけど、もし自分が捨て猫の保護施設の運営者や猫好きだけの国の王様になったら、可哀想だけどオス猫はみんな去勢しちゃうと思う。

だってあちこちからどんどん送られてくる捨て猫を引き受けるだけでいっぱいいっぱいなのに、引き取った猫たち同士でバンバン繁殖されたら絶対すぐにあふれ返って破綻しちゃうと思うから。

でも生き物の生きる意味や目的は、単に自らの生を最期まで生きることではなく、子供をつくって新しい命を生み出すことだ、みたいな考えの人から、「お前は偽善者だ。去勢することはその生き物の命の目的を果たせなくすることであり、生きる意味を奪うことであり、やっていることは捨て猫を保健所送りにして殺処分にしていることと変わらない」って言われても、正直僕には特に反論できません。そして多分それでもそれまで通り受け入れを続けながら去勢してしまうと思います。

善行なんかじゃないしエゴでしかないことは百も承知

だから結局、こういう問題って、その人のエゴの問題でしかありえないんだろうなって思います。自分はどこまでなら受け入れられて、どこからは許せなくなるのか。それって当たり前だけど絶対の正解なんてないし、どんな考えを持ってようとそれはその人のエゴでしかないんだと思います。

だから悪いと言うんではなく、どう考えようとエゴでしかありえないのだから、それはそれとしてわきまえつつ、自分のエゴをうまいこと貫いていこうとするしかないんだろうなって思います。

僕のエゴは、とにかく保健所送りは嫌だなー、やめてほしいなーってことです。野良猫になっても生きていけるなら、保健所送りよりはずっとましに感じます。まあはっきり言っちゃえば、保健所送りにするくらいならどっか拾ってくれる人のいそうな遠くの街まで車で連れてってそこで捨ててほしいとすら思います。

でも拾ってくれる人のいなかった子猫ってどうなっちゃうんだろう。野良猫になってたくましく生きていけるのかな。でも保健所に送られた猫が殺処分にされる可能性よりは生存可能性高そうだし、やっぱり僕の中では保健所送りにするよりはまだ捨てたほうがましかなと思います。

人と猫とゴキブリの命の重さの違いなんてエゴの中にしかない

それから、僕がこういう話をしているのは、ひとえに猫のことが大好きだからで、「命の尊さ」みたいな難しい話は正直僕にはわかりません。僕は自分が猫が好きだから猫が保健所で殺処分されるのが嫌なだけです。

僕は肉を食べることがほとんどないのですが、それは別に肉食に反対しているからではなくて単に肉を買うお金がないから炭水化物ばっかり食べてるだけだし、それから僕は蚊を殺せなくて血を吸われるくらいならいいかと思って我慢しているのですが、ゴキブリは本当に苦手で、うちで見つけたら殺虫剤を噴射して殺すことにしています。

猫がガスで殺されるのは嫌なのに、自分はゴキブリを殺虫剤で殺します。矛盾かもしれないけどそもそも僕は命の価値が平等だというのを信じていませんし、人命が地球より重いとも思ってません。僕にとってはゴキブリを殺すのはいいけど、かわいい猫が殺されるのは嫌なだけです。エゴと言われれば否定しようも否定する気もありません。

実は今もたまたまうちで気持ち悪い虫を見つけて、殺せないしどうしようって思って30分くらいにらみ合いを続けているうちにどっかいったと思ってひと安心してたら、よりにもよって自分の脚の上を歩いてて深夜2時に「おぎゃああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」って一人でめちゃくちゃパニクって発狂してました。覚悟を決めていらない雑誌の中に誘導して雑誌を閉じて圧殺して即ゴミ捨て場に捨て終えたら汗だくな上に4時になっていました。

猫を保健所送りにしてほぼ死刑を確定させるくらいならどっか遠くの街に捨ててこいとさえ書いた人間が、虫が苦手で捕まえて外に逃してやるよゆうもなく殺してしまい(今思えば逃してあげられたかもしれないのに)、僕からして本当に身勝手だなあって思います。

ゴキブリもそうなんですけど、嫌いな虫一匹殺すのにこんなになるのに、好きな動物を殺すとか殺されるとかしんどいです。でも肉は好きです。人に食われるために殺される牛や豚のことを考えるとたしかに自分の肉食についても考えずにはいられなくなります。でもお肉もお魚も本当においしくて大好きなので、もうしばらく考えるのを先延ばしにして、お腹いっぱい食べてから考えたいと思います(卑怯)。

結局僕が虫が苦手だから殺すというのと、猫が苦手だったり嫌いな人が保健所に送って殺処分にすることがどれほど違うのか?なんてことを考えると、生き物を生かすとか殺すとかどっちにしても人間の傲慢だし、答えだの解決だの安易に言えない難しい問題だなーって思ってしまいます。

でもやっぱり、だからと言って前に炎上してしまった芸能人の人とか、すごくいろんな人から「お前は虫を殺さねえのかよカス」とか、「お前は牛も豚も食わねえのかよ偽善者」みたいなこと言われてたけど、その問題はその問題としても、「猫を保健所に送らないでほしい」という意見に対して、虫や食肉を持ち出してそれで論破した気になって相手の人格まで否定して得意になってる奴らってなんなの?ってことは思わずにはいられませんでした。

生き物は飼う時点で最終手段。保健所送りは頭から消してほしい

というわけで、おそろしくまとまりを欠いた、というか最初からまるでまとめる気もなにもなく、思いつきの限りを書き散らしただけの記事でしたが、自分の中では一応の結論としては基本的にはみんなペットを飼うなんてやめてぬいぐるみにしろよっていう自分でもまったく予想してなかった結論にたどり着きました。

ぬいぐるみで我慢できるなら我慢する。ぬいぐるみのかわいがりかたがわからない人は好きな二次元キャラのプリントしてある抱き枕とかでもいいと思います。性的欲求の対象を得ることで飼えもしない命に無用な興味を持つことを避けられるなら素晴らしいことだと思います。別にぬいぐるみや抱き枕じゃなくてゲームでも音楽でも恋人でもチョコレートでもなんでもいいですけど。

それでもそんなものじゃどうしてもペットを飼いたい気持ちの代替物にはならないということなら、マジで重すぎるくらいめちゃくちゃ真剣に考えて、「なにがなんでも最後まで面倒を見る」という強い覚悟がある場合のみ飼うようにしてほしいなって思います。

本当に、生き物は飼う時点で最終手段だと思ってほしい、飼うというならそれくらいの覚悟で飼ってほしいというのが僕の偽らざる願いです。「あ、やっぱ無理だわ」で保健所に送られて殺される猫とか想像もしたくないからです。

それでも本当にどうしてもやむをえない事情が生じたり、結局飽きたとかめんどくさいからもう世話したくなくなったというクソ野郎だった場合は、最低限保健所に送るより捨て猫の保護活動をしてるような人に連絡を取るとかしてほしいなって思います。

まあこういうこと言っても、きっと最後までちゃんと面倒見れるような人はいちいち言われなくても当たり前にわかってることだし、軽い気持ちで猫を飼うことにしたけど「やっぱめんどくさい」とか言って保健所送りにするような人にはめちゃくちゃ反感を買うだけなんだろうなとも思うのですが、一人でもわかってくれる人がいたり、一匹でも保健所送りにならずにやさしい飼い主さんが見つかったりしたらいいかなと思って書きました。

あ、でも悲しい話ですけど中には愛猫家を偽って猫を虐待するクソ野郎とかもいるので、何にせよいろいろよく考えてほしいなーって思います。それができないとかめんどくさいなら、はじめから生き物の世話をしたり飼う資格ないと思うので、ぬいぐるみにしておきましょう。おわりです。


100グラムのいのち ペットを殺処分から救う奇跡の手 (ノンフィクション・生きるチカラ)


ペット殺処分---ドリームボックスに入れられる犬猫たち (河出文庫)


殺処分ゼロ―先駆者・熊本市動物愛護センターの軌跡

広告を非表示にする