読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつたけのブログ

世界の片隅で愛を避ける孤独なキノコの魂の叫びを聞け!…聞いてください(◞‸◟)猫とマンガとアニメと嵐をこよなく愛するまつたけによるまつたけのブログ

まつたけと申します。よろしくお願いします(今更だけど自己紹介)

自分

まつたけと申します。ブログ始めてみました。よろしくお願いします。・・・というわけでなんか順番がめちゃくちゃな気もしつつ、今更だけど自己紹介をさせておくんなまし。

自己紹介とか昔からめっちゃ苦手で、かわいいものが好き。嵐が大好き。好きな人はかわいい人、やさしい人、頭のいい人。それくらいしか自己紹介するようなことが特に何も思い浮かばない控えめなわたくし、そういえば過日10月10日の誕生花はまつたけだそうで(ていうかまつたけって花なのかよっていう疑問は置くとして)、その花言葉は「控えめ」だそうな。

「自分昔から自己紹介が苦手で、特に紹介することとか何もないんで・・・」とかこんなブログなんてやっちゃってる分際で控えめアピールに余念のない控えめな僕にはほんとぴったりの花言葉だなって思う(なのでこれからは会う人みんなにアピールしていきたい)。

さて、そんなわけで僕が特別控えめであるということには誰にも疑いがないとして、日本人というのはもしかしたら民族レベルで自己主張の弱い控えめな民族なのかもしれない(・・・おい、誰だ、今「日本民族なんてものは存在しない」なんて言ったのは!物騒なこと言うのやめろ!)。

いや、特に個人的にそんな風に感じているわけではないんだけど、「日本人は自己主張が弱くてはっきりしない」みたいな話をよく聞くので、まあ国際的にはそんなもんなのかなーと。ほんと言うと僕はそれは自己主張が弱いんじゃなくて、腹に一物あるだけなんじゃないかなーって思ってるんだけど。自己主張がアサーティブな形でないだけで、その実みんな腹には一物あって限られたコミュニティ内で陰口を叩きあったり、匿名掲示板で悪口を言ったり、そういう陰湿な文化・・・ちょっと待て、だから日本人の悪口みたいな感じになるのやめろ、ネットには方向性を間違った国粋主義者(気取りのバカ)がウヨウヨいるというのに、あまり奴らを刺激するのはまずい、第一僕としても根も葉もないことで(「こいつ日本人じゃないんじゃないか?」みたいな)無用な嫌疑をかけられるようなことは避けたい。だからそういうリスキーな話題はよそでやってください!(全部自分で言ってることはきれいに忘れながら)

ていうかそんな話を始めてしまうと自己紹介どころの話ではない。自分のルーツを語ると言ってもそんな民族レベルの話をされても困るだろう。なんで自己紹介のつもりで読んでたら急に壮大な叙事詩が始まっちゃってんだよみたいな。僕だって自己紹介を語り終わる頃には白髪の老人になっていたみたいな事態は避けたい。

話を戻そう。どうも僕は控えめのあまり話が膨らみすぎたり脇にそれ過ぎたりするきらいがある。日本人は自己主張が弱いのかもって話からやり直しね!

さて、そんなわけで僕が特別控えめであるということには誰にも疑いがないとして、日本人というのはもしかしたら民族レベル・・・あ、やばいこの前置きが悪いんだわ、えっととにかく自己紹介とか苦手な僕たちのためにですね、各社様工夫してくれているわけでありまして、はてなさんも予め「趣味」とか「性別」の項目に答えていくだけで自己紹介ができるプロフィールというものを用意してくれているみたいです。っつーわけでこいつがあっしのプロフィールでごんす。

https://profile.hatena.ne.jp/denpanohikari/

どうだろう、いかにも内気で控えめ、自己主張の弱いおとなしめで引っ込み思案なかわいいキノコのイメージが伝わったんじゃないかと思う

まつたけさんのフレンド(0)

ってなってるところが地味にダメージでかかったりするんだけどそこは触れないでほしい。・・・まあなにしろ控えめだから友達とかできないんだよね。それはしょうがない。別にプロフィールからも芬々と伝わってくる自己顕示欲がキモすぎて誰も友達になってくれない、とかそういうことじゃない、そういうことじゃない、そういうことじゃない?・・・よね????( ;∀;)

なんかあれだな、全体的にすごい書こうと思ってた記事と違う感じの記事になってしまってすごく悲しい。僕はもっと読んでくれた人みんなに多少なりと親しみを持ってもらえるようなことが書きたかったのに・・・。

どうもツイッターでのキャラ(?)のようなものを引きずってしまって、自分がブログでしたいことができない、書きたいことが書けないというのは非常にまずいし面白くないことなので、これは投稿後ツイートする予定だったけどツイートはしない(失敗作でも投稿しないんじゃなくて投稿はするだけするだけするけどツイートで宣伝はしない、ってあたりの絶妙なバランス感覚にわれながら貧乏症、というかすごい小物感を感じてしまって悲しい)。自分が書いていて面白くないような内容を人が読んで楽しいはずがないと思うので、少しずつブログでのまつたけ、ブログでの自分というものも掴んでいけたらと思う(「自然体でいいんだよ」とかへらへら言われても黙殺してしまうような殺伐としたところのある人間なのでくれぐれもよろしくお願いします)。

あ、そうなんすよ、自分ツイッターやってます。

https://twitter.com/denpanohikari

@denpanohikariというアカウントですね。漢字で書くとしたら「電波之光」って書いてもらえたらうれしいです。

これはまあ知ってる方は某新興宗教団体を否応もなく連想されたかと思うんだけど、もちろんそこと僕とは一切無関係です(ちなみに僕は個人的に新興宗教とかめっちゃ嫌いなんでくれぐれも勧誘などはなさらないで下さいますようお願い致します。・・・学問の対象としてお勉強するのは宗教ってすごい好きなんだけどね)。

ほら、よくトンデモなこと言ってる人を電波とか言ったりするじゃないですか。僕は本人は常にいたって真面目に人生を考えているつもりなんだけど、人からしたら多分トンデモなことばっかり言ってるんだろうなーとか、それなら最初から自分で電波系ですって言っちゃったほうがまだ痛くないんじゃないか、恥ずかしくないんじゃないか、ましなんじゃないかと考えてですね、電波之光をIDにしてたりするわけです、って説明しちゃった時点でめちゃくちゃ痛いし恥ずかしいんだけどね。

そんなわけなので僕は僕を嫌いな人たち(これが悲しいことにたくさんいるんだ…)からは日々バカにされているわけですが、よく言われるのは「中二」とか「メンヘラ女子」ってことですね。これはもちろん最初からバカにしてやろうという意図で使っている場合もあるんだけど、普通に僕が中二なんじゃないか、メンヘラ女子なんだろうと思って言っている人もいるようだ(ウケるwwww)。まあそれくらい中二とかメンヘラ女子っぽい人間なのでしょう(実際は4さいのかわいい男の子だよ♡)。まあメンヘラ女子はともかく、中二なんて一定以上の年齢の人間だったら誰でも通る道なわけで、それを主に「青くさい」というような意味でバカにする場合に使う言葉にしちゃうっていうのもどうなのっていう気はしなくもない。とりあえず僕はなぜかリアルの中学生のみなさんには申し訳ないような罪悪感を感じていたりする(なんで馬鹿にされてる僕が罪悪感なんて感じにゃならんのだ!)。

とはいうものの、メンヘラ女子なんて言われてしまうくらいメンタルが病んでたり弱かったり歪んでたりする部分はまあ自分でも否定できないレベルあるにせよ(リアルメンヘラ女子のみなさんにもごめんなさい・・・ってだからなんで僕が罪悪感を感じなきゃ略)、意外と図太いというかふてぶてしいところのある人間なので、そういうことを言う人たちの言葉というのは一向に意に介さない、なんていうとかえって負け惜しみみたいに聞こえてしまうのであれだが、少なくとも「この野郎!」みたいな感じにはあまりならない。・・・ただまあたまにあんまり頭の悪いバカにされ方(?)をされたりすると面白くなってしまってついバカにし返してしまったり、思いっきりコケにしてあざ笑うみたいなおとなげないことも平気でしてしまうおとなげのない人間なので、そこら辺はくれぐれも慎重にしていただければなと思う(・・・まあなんて言っても多分僕の悪口を言いたい人たちはこんなとこまで読んでないと思うので言っても意味ないんだけど)。基本的にバカはやさしくないも同じと思っているのでバカな人間のことが大嫌いなのだ(たとえば僕の言うバカな人間ってどういう人かって言うと、僕がこういうことを言ったときに「バカにだっていい人はたくさんいますよ!」みたいなことを言う人。どこがバカなのか説明するだけで疲れるのでそんな気にもならない。とにかく関わりたくない。それが僕にとってのバカ)。

ただ人間の悪意自体にはめちゃくちゃ弱い人間で、「どうして世の中にこんなやさしくない人がいるんだろう?」みたいなことを感じることがあると、これはもう悪意を向けられているのが自分であれ他の人であれ、めちゃくちゃ憂鬱(を通り越してほとんど沈痛)な気持ちになる。

でもまあきっと「どうして世の中にこんなやさしくない人がいるんだろう?」なんて問うのは僕の甘えでしかなく、そんなことを問う暇があるなら自分自身少しでもやさしい人間になることにしか意味なんてないのだろう。

というわけで中二だろうがメンヘラ女子だろうが(あるいはそうではなかろうが)、僕は僕なりに少しでもましな人間になれたらいいなと思いながら生きてたりするのであった。バカのくせに傲慢で気難しいつきあいにくい(そしてつきあいたくない)人間ですが、適切な距離感を守っていただければおそらくそれほど意思の疎通もできないほど精神や脳に異常をきたしているわけではないと自分では思っているので、仲よくしたいと思ってもらえるのであれば仲よくしていただけたらとてもうれしいです。今回も(ほぼ無駄に)長くなりましたが読んでくれてありがとうございました。おしまい。

広告を非表示にする