読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつたけのブログ

世界の片隅で愛を避ける孤独なキノコの魂の叫びを聞け!…聞いてください(◞‸◟)猫とマンガとアニメと嵐をこよなく愛するまつたけによるまつたけのブログ

ASKA釈放!お茶から覚せい剤の陽性反応なんて出るの?

ニュース 人物伝 音楽

こないだの記事でも書いたんですが、最近ASKAさんの歌ばっかり聴いてます。

あんまりASKAさんのパフォーマンスが素晴らしすぎて過去のライブのDVDとかBlu-rayとか片っ端からほしいんですけど、プレミアついた中古しかなくて高いんですよね…。もう新しく生産してないってことなのかしら?

もしそれが過去の事件の影響とかってことなんだったら、どうかレコード会社の人なのか知らんがそんな狭量なこと言ってないで新しく生産してほしい。だって絶対まだまだ需要はあるはずなんだから。

過去の罪は罪として、ぶっちゃけアーティストの作品の価値と犯罪歴なんて本質的には無関係やないですか…殺生やでほんま…頼むさかいASKAはんの過去のライブ映像を普通に入手できるようにしておくれやすでごわすぞなもし。

 

警察はギフハブの手先でASKAを陥れようとしてASKAにハメ返された説

ところでさー、ASKAさんが不起訴ってことで無事釈放されたわけですけど、お茶から覚せい剤の陽性反応なんて出るもんなんですか?あたしゃ素人なんで詳しいことや専門的なことは何もわからないわけですが…

そもそもなぜASKAは提出すべき尿をお茶とすり替えたのか?いやいや、本当にお茶とすり替えたのか?などなど、今回の事件は最初から釈放された今に至るもまだまだ様々な謎や疑惑だらけなわけですが、とりあえず今後ASKAさん本人はどう語るのかが待たれるところであります。

こんなこと言ったら一部の人からは怒られそうですが、個人的には今回の件には明らかに行き過ぎたマスコミの暴力的で無礼な取材とか、ドラレコの映像を売り渡したクソタクシー会社だとか、アーティストの未発表音源を無断で勝手にテレビで流しやがったクソゴミ人間の井上公造だとか、いろいろ許せないことがあったため、ASKAさんには冤罪であってほしい。

だとすると、ASKAさん自身が「すべての行動には理由がある」と言っているのを信じたくなる気持ちもなきにしろあらず。

ここから先は完全にただの妄想なんですが、僕が考えた今回の一連の事件の真相…だったらいいなと思うまるで映画のようなシナリオです。

結論から言うと、ASKAさんは警察(あるいは警察も含むなにか)にハメられようとしていた。そしてASKAさんはそれを察知した、あるいは最初から察知していた。

ASKAさんは逮捕されてからもずっと主張している通り、シャブなんてもうやっていない。でもASKAさんを陥れたい警察はASKAさんに尿を提出させて、そして当然陰性反応しか出ないはずなのに、陽性反応が出たと虚偽報告をする。

それを見越していたからこそASKAさんは尿を事前に用意していたお茶とすり替え、警察から「陽性反応が検出された」との報告を引き出す。

その上で、「フハハハハハ!残念だったな!それは吾輩の尿ではない!お~いお茶だ!」とデーモン閣下ばりに高らかに哄笑してみせ、覚せい剤の陽性反応なんて出るはずのないお茶から「陽性反応が検出された」と報告した警察の欺瞞を満天下にあまねく知らしめる…という壮大な作戦だったのであります!

f:id:denpanohikari:20161219230147j:plain

真相がどうあれマスコミはマジで調子こいてんじゃねえ反省しろクソが

…まあ本当に警察がASKAさんをハメようとしていたとか、すでに警察はギフハブの傀儡だ!…とか思ってるわけじゃないですけど、様々な疑心暗鬼にとらわれているASKAさんからしたら、それくらいのことを考えてもまったく不思議じゃないのかなとは思います。

いや、だって、ネットなんか見てても世間の人たちはみんなよってたかってASKAのこと覚せい剤で完全に頭のイカれた気違いみたいな扱いしてるけど、皮肉にも今回のことで明らかになったようなマスコミの執拗なストーキングだとか盗撮だとか、ある意味では実際に現実としてあったわけじゃないですか。

そりゃストレスやらプレッシャーやらでおかしくもなりますよ。

まあ何はともあれASKAさんには少しゆっくり休んでほしいと思うし、マスコミはさんざん迷惑かけといてそれさえ許さずまたあまりに行き過ぎた取材ハラスメントをするようなら、マジでそろそろいい加減に天誅とか人誅にあってもおかしくないと思う。井上公造とか特にね。マジで夜道に気をつけないと恨み買いすぎて殺されたりしそうだから気をつけたほうがいいと思う。

…などと言いつつ、一番正直な気持ちとしては事件の真相とか二の次三の次なので、ASKAさんにはわけのわからない変な陰謀とかに巻き込まれたりそれを追いかけたりしてないで、歌という最大の才能を最大に発揮することだけを考えてほしい…というのが一人のただのファンとしての気持ち。

新しいアルバムとかライブとか、またASKAさんの歌を聴けるのを楽しみにしてます!おやすむ!