読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつたけのブログ

世界の片隅で愛を避ける孤独なキノコの魂の叫びを聞け!…聞いてください(◞‸◟)猫とマンガとアニメと嵐をこよなく愛するまつたけによるまつたけのブログ

失恋ショコラティエの1話めっちゃ面白かった

月9ドラマの失恋ショコラティエの1話がめっちゃ面白かったので感想を書きます。

月9ドラマ失恋ショコラティエ1話の感想

僕は失恋ショコラティエの原作が大好きです。ていうか水城せとなさんが好き。めっちゃすごい。で、もちろん松潤愛してる。嵐超絶愛してる。こちとら3度の飯より嵐を愛してるわけです。

 

実際1日3食食べることなんてなくて1食か2食だけど、それでも毎日嵐を聴かない日はないわけです。で、石原さとみさんも超好きです。昔はそんなでもなかったんですけど、最近石原さとみさんの鏡月のあの「ちょっと、間接キッスしてみ?」のやばいくらいにかわいすぎるCMの、あざといくらいにかわいい照れ笑いの魅力に完全にハートを射ち抜かれてしまったわけです。

つまり原作の水城せとなさんの失恋ショコラティエが好きで、主演の小動爽太役の松潤を愛していて、ヒロインのサエコさん役が石原さとみさんというのであれば見ないわけにはいかない・・・というテンションでもなく、なまじ原作の失恋ショコラティエが好きすぎてドラマは見るつもりなかったのですが、たまたま石原さとみさんの魅力に抗いきれずに鏡月のCMの石原さとみさんを褒め称えるツイートをしたところ、ドラマの失恋ショコラティエも面白かったとおすすめされたので、再放送で見てみたのです。

松潤と石原さとみさんが好きなら見るしかない失恋ショコラティエ

そしたらめっちゃ面白かった!まず冒頭の部分でかなり原作通りというか、再現性の高い作りになっているっぽかったので安心しました。万が一にもおおよその設定だけ借りて中身は全然別物みたいなドラマにされたら嫌だなー、それで面白ければいいけど普通そうはならないからなーとか思っていたのですが、1話を見たかぎりだと完全に杞憂っぽくて安心しました(あとぶっちゃけ松潤がかっこよすぎてもう松潤が動いてるとこ見れたらそれでいいよねってのもあるんですけどそれは多分ドラマの感想としては不適当かと思うので割愛します)。

で、原作通りなら水城せとなさんの失恋ショコラティエの原作マンガを読めばよくない?って話なんですが、別に松潤や石原さとみさんになんの興味もないならそれでもいいんですけど、松潤を愛してるとか石原さとみさんが大好きだというなら絶対見たほうがいいです。見て後悔する場合があるとすればどっちか片方だけ好き(でもう片方は嫌い)な場合ですね。その場合は多分嫉妬に燃え狂って大変なことになってしまうので見ないほうがいいです、そういう人はドラマの失恋ショコラティエを見てはいけません。

でもそこまで嫉妬深くはないとか、たかがドラマなのにそんな共演者に嫉妬するほどアホじゃないとか、ふたりとも好きであるとか、あるいは単に面白いドラマが観たいという人であれば多分見て後悔しないと思います。正直僕も見るまでは不安もあったしわざわざ見るまでもないかなーって思っていたのですが、今は100%見てよかったという清々しい満足感でいっぱいです。美男美女は汚れた心を綺麗に洗ってくれますなあ!

心理カウンセラーが教える秘密の復縁マニュアル

松潤は歳を取るほどかっこよくセクシーになっていくタイプのイケメン

なんつってもあれですね、やっぱり本物の美男美女が動きながら演じてくれるっていうのはたまらんもんがあるとです。僕は個人的には水城せとなさんの絵にはそんなに美男美女感を感じてときめくことはありません。「ああ、これは美男美女という設定なんだな」という理解で記号的に読んでいます。

でもドラマは違います。演じているのは本物の美男美女!それも大好きな松潤と石原さとみさんとなれば僕得すぎて過食嘔吐が止まりません!バクバクムシャムシャ、おええええええ!!!!

実は僕は嵐のメンバーの中で一番最後に好きになったのが松潤なんですよね。10年近く前から嵐はずっと大好きで聴いてるんですけど、なにしろバラエティとか番組もたくさん持っているので、楽曲だけじゃなくてテレビ番組までは追えないなとあきらめて逆に一切見ないようにして、ひたすら嵐のCDを聴いたり5年分のツアーDVDを繰り返し見るくらいにしているのですが、松潤だけは昔はいまいち魅力がよくわかりませんでした。

僕はノンケなんですけどめっちゃイケメン大好きの面食いで、イケメンがすごい好きなんですけど、松潤は個人的にタイプとずれていたので「うーん」という感じだったのですが、4年くらい前から松潤も含めてめでたく嵐メンバー全員愛のレベルに大好きになることができまして、そうこうしているうちに年々松潤はどんどんかっこよくてセクシーでいい男になってると思います。多分タイプとして幼さが残っているより成熟した大人の男って感じになったとき地上最高のいい男になってくれると勝手に楽しみにしています。

・・・え?ていうかこれなんの話?松潤が病的に好きな女の子が書いたメンヘラブログ?違うよね、失恋ショコラティエの感想を書くはずだったね、失恋ショコラティエの話が完全に置いてけぼりになってひたすら濃さが絶妙に気持ちの悪い嵐愛が暴走しちゃってたから松潤の話はもうやめにするね…。まさに嵐だけに暴風雨って感じ…なんでもないです。

失恋ショコラティエ1話の絶叫必至の松潤と石原さとみのキスシーン

まあとにかくそれくらい松潤大好き、石原さとみさんもぷるぷるした唇がおいしそうで大好きな僕が「キタアアアアアアアアァァァァァァァ!!!!!!」と思わず再放送の失恋ショコラティエを部屋で一人で見ながら大絶叫してしまったのが、松潤と石原さとみさんのキスシーン!!!!!!完全に視聴率狙いのサービスシーンキタアアアアアァァァァァァァ!!!!!!

ほら、結婚の決まった身であるにもかかわらず無防備な格好でなにも考えてないアホ女(←言い過ぎ)がめっちゃ短いスカートで爽太んちに来た際に、一匹のケモノと化した爽太に押し倒されて・・・ってまあ爽太のただの妄想なんですけど、原作ではほんとにギャグとして押し倒すとこまでだったのが、めちゃくちゃ長々と、押し倒された先のかなりちゃんとしたき、き、き、キスシーンまで含めて松潤と石原さとみさんが、あ、あ、あわあわあわ・・・もったいなやもったいなや、ありがたやありがたや、うれししあわせすぎでマジで悶絶必至の最高のシーンでしたハァハァ!

多分初回だしがっつり松潤ファンの心を握っとこう的な魂胆だとは思うんですけど、ぶっちゃけまんまと心臓を握りしめられましたよね。もう2話以降も見ないわけにはいかないですよね。だって松潤が石原さとみさんを押し倒した上に、かなりの長さにわたってあんな素敵なキスシーンを見せられたんじゃどすこい!!!!(興奮しすぎて自分でもわけがわからなくなっている)ちなみに石原さとみさんも好きなのにキスシーンの間ひたすら松潤ばっかガン見してしまった。。。はぁ~、それにしてもやっぱ美男美女っていいなあ!畜生!

ドラマ独自の工夫も面白い失恋ショコラティエ

あとね!‥‥っていうかさっきから僕が一方的にはしゃいでるばっかりでわれながらキモいんですけど、水城せとなさんといえばポエムっぽい独白が最高じゃないですか!でも、

「俺も煩悩の塊みたいな男子の一人だから、全身邪な野望で満ち満ちてるよ。神経を研ぎ澄ませてありったけの情熱を注いだ俺の分身みたいなショコラを、彼女の口に含ませたい。彼女の体の中に注ぎ込みたい。彼女の細胞のひとつひとつにまで染み込ませたい

・・・みたいなただの下ネタじゃねえか!エロティックかつポエティックなモノローグはマンガで読んでるとついつい笑ったりもしちゃうんだけど、これが松潤が言うとほんとにエロティックでセクシーで切ないんですよ!!!!!思わず女の子じゃなくても「あたしの体の中に注ぎ込まれたい!」って思うこと請け合い!!!!松潤のどろどろのホワイトチョコに全身汚されるとかぎゃああああああああああ!!!!!!(←うるさい)

サエコさんと再会できたうれしさにはしゃいで薫子さんばっかり真面目に働かせて浮かれまくる爽太が「チョコレート王子はそこでがっつきませんから」って言って薫子さんが「自分で名乗るんだそれ…やめたほうがいいよ」ってツッコむあたりの掛け合いもテンポよくて笑いました。

あと当たり前だけど、基本は原作に忠実だけどそのままってわけじゃないし、サエコさんにバレンタイン前日に振られた(っていうかエッチはしてないんだからそもそも付き合ってたつもりなかったって言われた)あと、やっと起きてきたと思ったら「ちょっとパリ行ってくる」って言ってうちを出てそのままパリに旅立っちゃうシーンはクソ笑いました。

あと2度めの失恋?というのか、サエコさんに結婚することを打ち明けられてへこみまくってる爽太に薫子さんと妹が「6年ぶりに会った子でしょー?左手薬指はちゃんとチェックしとかないとー」「それくらい常識だよねー、キャハハハ」みたいな、女が二人以上になると戦闘力が倍以上に跳ね上がる感じとかもおかしくてめっちゃ笑いました。

たとえばそのあたりはそんなセリフあったっけな?と思って1巻読みなおしたけどなかったので、より面白くなる工夫もちゃんとされてて今後にもめっちゃ期待してます!

水川あさみ、有村架純、竹中直人、水原希子など脇役も充実!

まあまだ初回だしそんなにたくさん出てないし、キャスティングとかも全然知らないんですけど、とりあえず最近のドラマのお父さん役に竹中直人をあてがっておけば間違いない感じは異常だと思いました。昔から竹中直人さん大好きなんですよね。

爽太の妹のまつりちゃん、友達の彼氏とつきあってる、っていうかどうせ体のいいセフレなんだろうなーとか思いつつ(「体のいいセフレ」って「ていのいいセフレ」ってつもりだったんだけど、漢字で書くとなんかいろいろうらやましいな…)、まつりちゃん役の有村架純さんもめちゃくちゃかわいいです。

あと薫子さん役の水川あさみさんは毎回常にジャニーズと一緒のキャスティングな気がするんですけど、そうでもないのかな?それはとにかく年齢とかビジュアルとか雰囲気とか、かなり原作の薫子さんにぴったりな感じがしてよいと思います。

オリヴィエ役の溝端淳平さんは、たまたま個人的に僕が溝端淳平さんみたいなきれいに整ったタイプのイケメンがそんなに好みではない(ゲイみたいな言い方やめろ)けど、日本人でフランス人と日本人のハーフ役をやるならたしかにこういう人だろうなーって思う。

でもさ、1巻を読み返してて思ったんですけど、爽太にとってはあっという間のパリでの5年間の修業でも、日本で待ってる薫子さんにしてみたらめちゃくちゃ長かったと思うんですよね。その間どうしてたんだろう?どんな気持ちでいたんだろう?・・・とか原作に描かれてたかも知れないけど思い出せないし、いろいろ想像してしまいました。「待つ身がつらいかね?待たされる身がつらいかね?(by太宰治)」・・・って待つ身がつらいに決まってんだろうが!!!!

というわけでそのあたりのことも含めて今後のドラマの失恋ショコラティエがどう展開していくのかを楽しみにしたいと思います。僕のぶっ壊れた愛情がほとばしりすぎてかなりひどい文章になっている気がしないでもありませんが、多分気のせいだと思います。少なくともこの感想によってドラマの失恋ショコラティエが面白いということは1ミリも揺らぐものではありませんので不安を感じた人もどうぞ僕にだまされたと思って泥舟に乗ったつもりで松潤の2年ぶり3度めの月9ドラマ(←さりげなく松潤の宣伝を図る)失恋ショコラティエを見て共に泣いたり笑ったり絶叫したり悶絶したり発狂したりしましょう!

ちなみに次回予告では加藤えれなと思われる女の人(水原希子)が松潤に「セックスしちゃう?」みたいなことを聞いて、松潤が「しよっか!」とさもランチのメニューを決めるかのような気軽さで答えていましたので、どうせ松潤のベッドシーンを期待させてアラシックどもをそれで釣ろうという汚い魂胆が丸見え…っつってもまあ僕も血眼になって見るんですけどね!

なにはともあれ、月9なんてどうせリアルにいないような美男美女ばっか出てきて浮わついた恋愛をするだけだろ?それだけが世の中でマジメに生きてる人間の価値観だと思ってんじゃねえぞボケナスが!・・・くらいのことを思ってるかなりギザギザに荒れた心の人にも多分多少へこむことはあってもそんなにムカついたりせず楽しめる面白いドラマだと思います!松潤と石原さとみさんの失恋ショコラティエ、今後の展開への期待も込めて☆4つです!

追記:毎週感想を更新してます!失恋ショコラティエ2話の感想失恋ショコラティエ3話の感想失恋ショコラティエ4話の感想失恋ショコラティエ5話の感想


失恋ショコラティエ ショコラなしでは苦すぎる (フラワーコミックスルルルnovels)

広告を非表示にする