まつたけのブログ

世界の片隅で愛を避ける孤独なキノコの魂の叫びを聞け!…聞いてください(◞‸◟)猫とマンガとアニメと嵐をこよなく愛するまつたけによるまつたけのブログ

男らしさをやたらアピールする男にはろくなのがいない

やたらと男らしさをアピールしてくる男にかぎってどうしようもなく陰湿でみっともない男が多いからまったく信用していないというおそろしく独断と偏見に満ち満ちた話をします。

それはもう凶々しいほどの独断と偏見に満ち満ちた内容ですので、自分のアイデンティティに強烈に「俺は男気にあふれた男の中の男だ!」みたいな意識がある人はおそらく読んでも強い不快感と嫌悪感を覚えるだけかと思いますのでぜひともここで読むのをやめてくださいますようお願いいたします。

さもなくばそういうやたらに男らしい俺アピールをしてくる男にかぎって実はめちゃくちゃ陰湿で「女の腐ったの」というひどい差別的な形容がこれほどふさわしい存在もいないから、きっと気を悪くした挙句粘着してきたり陰湿な嫌がらせをしてくると思うからです。

そういう人に、男らしさとかいらないけどそういうダサい真似するのはやめろよ、なんて言ってもわかってもらえるとは期待しておりませんので、どうかお気を悪くなされて粘着してきたり陰湿な嫌がらせをしてくる前に読むのをやめていただけますようお願い申し上げます(わりと手遅れ)。

自慢じゃないけど生まれてから一回も男らしいと言われたことがない

どうも、生まれてから今にいたるまで一度も人から男らしいと言われたことがない私です。「自慢じゃないけど」って言って本当に自慢じゃない稀有な例です。誰か慰めてください。

それはともかく、冒頭で「女の腐ったの」というかぎりなく差別的な言葉を使いましたが、なにをかくそうこれは僕自身が幼い頃から女親に日常的に言われていた言葉です。

ま~なにしろ女々しい。この女々しいって言葉も差別じゃないの?どうなの?って気もしますが、そこはまあ、女々しい女の人なんていないし、「女の腐ったの」なんて言われる女性もいないですから勘弁してください。

女々しいと言われるのも女の腐ったのと言われるのも、基本的には男のような気がします。

僕がどのくらい女々しいかというと、別にネカマやってるとかじゃないし、一人称も基本的に普段は普通に僕とか俺なんですけど、それにもかかわらずツイッターやってて「まつたけさんずっと女の人だと思ってました」というセリフを、それはもうミニにタコができるくらい何百万回と聞いてきました。こんなに立派なまつたけなのに。

なので、多分女々しいんだと思います。

男らしさとか女らしさとか幻想だとは思うけど別に嫌いではない

でも実は別にそのことをそんなに気にしたことというのは特になく、それこそちっちゃい子供の頃こそいかにも憎らしい顔をした女親に「おーおー泣けば許してもらえると思って。お前みたいな奴を女の腐ったのって言うんだ」などと罵倒されて、別に許してほしくて泣いていたわけではなく、単に悔しくて泣いていたりもしましたが、今は大して気にしてないです。

男らしさとか女らしさみたいなものも、そんなに信じているわけではありません。別に本人が男らしくあろうとか、女らしくあろうとするのは勝手だと思いますが、人に押し付けるようなものではないよなーって思ってます。

でも別に、男らしさという考え方そのものが嫌いなわけじゃないですし、個人的には男らしい人のことは普通にかっこよくて好きです。僕の中の男らしさのイメージは、寡黙で責任感があって、偉そうに命令するとかじゃなくて自分が率先してやってみせることで背中で語る、みたいなイメージでしょうか。

もちろんそんなものはただの幻想でありイメージでしかないと思ってるんですけど、だからこそそういう男らしさのイメージやそれを体現してるような男の人ってかっこいいよなーって思います。

んで、だからこそ、「男らしさをやたらにアピールしてる男にはろくなのがいない」などという、いかにも女々しい奴が言いそうなクソめんどくさそうなタイトルの話になるわけです。

f:id:denpanohikari:20140713235412j:plain

ソーレソーレソレソーレソーwwwwwwwwwwww

ソーレソーレソレソーレソーwwwwwwwwwwww

ソーレソーレソレソーレソーレソレヨッシャアwwwwwwwwwwww

花の慶次はマジでかっこよくて大好きです!

男らしさをやたらにアピールする男にはろくなのがいない

まず、本当に「男らしい男」と「男らしく見せたがる男」が違うということはおわかりいただけるでしょうか。男らしい男に関してはまったく問題ございません。ハイパーかっこいいと思います。

でも、「男らしく見せたがる男」という種類の男がいまして、これがまあ99,87%までがろくでもない男と相場が決まっているのです(※当社調べ)。

男らしく見せたがる男というのがどういう奴かというと、もう本当に苦手すぎてあんまり実例を考えたりするのも嫌なのですが、とりあえずなんかやたらに「男らしさ」とか「男気」みたいなものをアピールしてくる人たちですね。

これもう「男気」を「侠気」なんて書いた日には完全にアウトです、やばいです。絶対そいつ女房子供をDVするような男ですよ!(※独断と偏見です)

「どうだ?俺こんな男気あふれること言っちゃうんだぜ?どや?どや?男らしいやろ?」みたいなうすみっともない態度を全身全霊から垂れ流しながら、チラチラまわりの人の反応を誉めてほしそうに、いかにも「男らしいですね!」って言ってほしそうにものほしげにうかがってるような、そういうタイプの人がたまにいますよね?

いるって言ったらいるんです。「いねーよwwwwwwww」とか思ったあなた、それはあなたが知らないというだけで、いないということの証明にはならないのではありませんか?今は私がしゃべっているのだからお黙りなさい!キエエエエエエエエエェェェェェェェェェェ!!!!!

みっともない男の「男らしい俺」アピールがみっともなくてつらい

でね、その「男らしく見せたがる男」、「やたら男らしさをアピールしてくる男」っていうのが、これがもうそういうのにかぎって実際にはおよそいわゆる男らしさの対極にあるような、じとじと陰湿で、蛇のように執念深くて、生き方がださくて、まあみっともない人間なんですよ。

具体的に言うと、敵とみなした人間の悪口を陰で必死になって言いふらしたり、共通敵をつくって仲間意識で盛り上がっちゃったり、そういう他の奴が書いた共通敵の悪口なんかをSNSで必死になって拡散しちゃったりするような、そういうタイプのしょうもない人間のことです。

僕なんかは気力がないのでそういう連中のことを目にすると、そんなみっともない真似して恥ずかしくないのかな、って思って心底げんなりしてしまいます。しかも自分でその自分自身のみっともなさや醜悪さを自覚して自己嫌悪に苛まれるでもなければ開き直っているでもなく、あくまでそいつの中では自分のことを「俺は男らしい男だ」と思っているらしい感じが、もうたまらなく気持ち悪くて辟易とさせられます。

普通そういうみっともない真似をする人って、不適切な言葉だとは思いますけどいわゆる「女々しい」とかって言われる人なんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょう?少なくとも「男らしい」人ってそういうことはしないと思うんですが。

それにもかかわらず、これが本当に不思議なんですけど、そういうクソみっともない真似をする男にかぎって、なぜか「男らしさ」みたいなアイデンティティに異常なまでの執着を示し、うすみっともない作業と同時並行してやたら「どや?どや?わし男らしいやろ?」アピールに血道を上げていたりするから不思議です。

そういう人は自分がいかにみっともなくて醜い生き物であるかということがまったく見えていないほどバカなのか、それともうすうす気づいてしまっているからこそ、それを否定するように必死になって男らしい俺アピールに奔走しているのか、謎は尽きません。

まあ興味ないし気持ち悪いなって思うだけなので解明する気もないんですけど。

男らしさは人が感じるものであって自分でアピールするものじゃない

そもそも本当に男らしい人って、自分からこれ見よがしに「男らしさアピール」なんてしないと思うんですよね。男らしさとか男気って、勝手にまわりの人間が感じるもんであって、本人が必死になってアピールするようなもんじゃないと思うんですけどね。

でもやたら「男らしさアピール」をする男って、いかにも「男らしいですね!」って言ってほしそうなことを口にしたりはするんですけど、でも実際やってることはみっともなさすぎて二重三重に残念なことになっているのが見るに耐えないとしか言い様がありません。

本当に男らしい人のことはかっこいいなーって思っているからこそ、男らしさみたいなものの対極にあるような陰湿でみっともなくて姑息で恥ずかしい真似をしているような人たちが、自分のことをさも男気あふれる男の中の男だみたいな勘違いしてうっとりとナルシスティックに悦に入ってるのを見ると、ついそのあまりの欺瞞の気持ち悪さにゲロを吐きかけたくなってしまいます。

なので、せめて気持ちだけでもそういう人たちにゲロを吐きかけるような気持ちでこの記事を書きました。どうです?男らしくないでしょう?(えばるな!)

でも、僕はそういう陰でこそこそ悪口を言いふらしたり、デマを流したり、いつまでもしつこく粘着して嫌がらせをしたり、そういうみっともないことをする人たちが大嫌いだし自分は死んでもやらないので、男らしさアピールに余念がないのにやってることはクソみっともないゴミ虫みたいな人たちよりはましだなーって思ってます。

冒頭で「そういう人に男らしさとかいらないけどそういうダサい真似するのはやめろよ、なんて言ってわかってもらえるとは期待しておりません」なんて書いたけど、でも本音はやっぱり、できればあんまりみっともない真似は見苦しいからしないでほしいし、せめて最低限そんなみっともない自分のことを男らしいとか勘違いしてるのはマジであまりにも醜悪だからやめたほうがいいんじゃないかなーって思います。

それか、去勢して人生やり直すか。私からは以上です。


花の慶次―雲のかなたに (完全版) (Tokuma comics)


「男らしさ」の快楽―ポピュラー文化からみたその実態


男の条件―こんな「男」は必ず大きくなる

広告を非表示にする