まつたけのブログ

世界の片隅で愛を避ける孤独なキノコの魂の叫びを聞け!…聞いてください(◞‸◟)猫とマンガとアニメと嵐をこよなく愛するまつたけによるまつたけのブログ

それでも僕がはてなブログに住み続ける理由

それでも僕がはてなブログに住み続ける理由。

それでも僕がはてな村に住み続ける理由

先日、僕が食事を摂るのも忘れて誰に需要があるのか自分でもまったくわからない記事(参照:今、デヴィ夫人の平手打ちが熱い!)に心血を注ぎ込み、汗水垂らして働いたあとの充実感…とは一切無縁の虚脱感に疲れ果て、ついには生きる意味まで自問自答しながらツイッターを見ているとこんなツイートが流れてきました。

あとはまつたけ氏が消えれば大分スッキリする。 / “はてなブログからlivedoorブログに【超高速】引っ越ししました\(^o^)/ : 大彗星ショッカーのヒマつぶし2”  htn.to/vS2wXP

この人はツイッターとはてブを連携しているらしく、はてブした記事のURLとそこにつけたブコメがツイッターに投稿される、的な仕組みなんだと思います(正直そういうのよくわかってない)。

 

で、こんなブコメを付けられてしまったのは大彗星ショッカーさんという、今まではてなブログでブログを書かかれていたブロガーさんなんですが、「こんなこと言われてかわいそうに」となぜか僕が申し訳ない気持ちになってしまいました。

自分が気に食わない人間のことを悪く言うのに、勝手なレッテルを貼ったり、ろくに知りもしないくせに他の人と一括りにしたり、そうやってもともと特定の一個人だった対象を勝手に巨大な仮想敵にまで膨らませるようなやり口はよくないと思います。っていうか他の人が自分と一緒にされて悪口を言われていると、なぜか僕がその人たちに対して申し訳なくなってしまうのでそういうのは本当にやめてほしいと思います。

嫌われ者にもほどがある

それにしても嫌われたもんだなー。って今更もいいとこなんですけど。別に嫌われないようにと思って生きているわけでもありませんが、嫌われたいとか嫌われようとして生きているわけでもありません。

もちろんなにか言えば賛同されることも否定されることもあるし、好かれることもあれば嫌われることもあるわけで、そんなことまでいちいち気にしていたらきりがないのですが、それにしてもはてなブログでブログを書いていますというだけで目障りだから早く消えろと言われてしまうというのはなかなかに背中の寒くなるものがあります。

まあ僕と一緒にされてこんなことを言われてしまうくらいですから、こんなこと言うのもアレですがショッカーさんもそこそこ嫌われてしまってたりしたんでしょうか?

僕はあんまり他のはてなブロガーさんって知らないんですけど、っていうのもこういうことを言われてしまうくらいですからブコメで「死ね」って言われたり、ツイッターで悪口を言いふらされたり、それはもう控えめに言ってなかなかの嫌われぶりのようなので、仲よくしてくれる人がいても迷惑をかけるだけだし残念だけど距離を取るようにしようと決めていました。

・・・まあそんな悲愴な覚悟で僕の方で決意しなくても、どうせみんな嫌うか怖がるかしてろくに近づいてこないので全然大丈夫なんですけどね!(僕のメンタル的には全然大丈夫じゃない)

むしろほんとに数人しかいない僕の数少ない知っているはてなブロガーはというと、そもそもなぜ僕がその人たちのことは知っているかというと、こっちで距離を取っているのにわざわざその人たちのほうで僕に対して延々ねちねち自分のブログでああだこうだと悪口を書いたり、あるいはツイッターで悪口を言いふらしていたりするからです。

それも僕がなにか悪いことをしたならともかく、いまだに僕がツイッターだのニコニコ動画から信者をたくさん連れてきてはてブスパムをさせていたとかありもしない嘘をツイッターやブログでばらまかれています。

別に誰に嫌われても構わないし、僕のことが気に食わないなら気に食わないでいいんですけど、僕は僕でこのブログを一生懸命書いてるつもりですし、真剣な気持ちで書いている記事もあるので、そういうのを信者にはてブスパムさせているとか言われるのは本当に悲しいし悔しいです。

でもそういう嘘をついてでも僕の悪口を言っていればそれで僕のことを同じように嫌っている人から賛同されたり支持されたり、そういう人たち同士で繋がって一緒になって悪口を言い合って楽しい、気持ちいい、はてブしてもらえる、そういう流れができちゃってるってことなんだろうなって思います。

でもってそういう流れができちゃうくらい、寄ってたかって「はてなから出て行け!」みたいなことを言われてしまうくらい、はてな村というのか、そこいらの人からわかりやすい共通敵、こいつを叩いておけば間違いないクソ野郎のイコンのように扱われてしまうほど嫌われているんだな―と思うと、思わずお父さんお母さんごめんなさいと頬を熱いものが伝います。


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

大彗星ショッカーのお引っ越し

で、さっきの大彗星ショッカーさんってブロガーさんなんですけど、そんな中でほとんどこの人だけが、僕がそんなふうにはてな村の共通敵みたいに言われていることを知らないわけでもあるまいに、どうしたわけか比較的好意的な態度でご自分のブログの記事でたまに言及してくれたりしていました(もしかしたらショッカーさんってバカなのかな?)。

普通は自分自身の好き嫌いはともかく、というか、自分自身の考えやその相手を見ての判断より、そいつがまわりからどういうふうに見られているか、その集団の中でどういった存在、どういったカーストに属する存在なのか。そういうことのほうを優先して相手との接し方を決める人のほうが多いんだなーってことくらいはいくら僕のケツが青くてもさすがにもうわかっています。

そんな中でそんなことをしてもデメリットこそたくさんあってもメリットなんてなにもないだろうに、僕がブログを始めてわりと早い段階からショッカーさんは比較的好意的に接してくれていた気がします。

もちろんこやつとて修羅を食い物にする悪鬼羅刹のようなはてなブロガー、隙を見せたり心を許したりしたらその途端に背中から斬りつけてくる魂胆かも知れませんし、そもそも僕がIDコールってなんだよ!こええよ!!!!という記事を書くきっかけになったような人なので、単に好意的に言及していると見せかけて僕にIDコールを飛ばして嫌がらせをしたかっただけという可能性も否めません。

とはいうものの、敵だらけのようなはてなブロガーの中にあって(もちろん実際はそんなことないんだけど、僕の知っている数少ないはてなブロガーがそういう人たちだから)、利用価値もクソもあったものではないババ抜きのババのような僕に対して好意的に接してくれたことはうれしかったですし、たまに情緒が乱れているらしい夜に嫌がらせのように飛んでくる迷惑千万なIDコールも、もうこれからはなくなってしまうのかと思うと寂しいものがあります。

もちろんショッカーさんはブログのスタイルやスタンスも僕なんかとは全然違い、プロブロガーを目指しているちゃんとした意識の高い人という印象でしたが、新しいブログに引っ越しても楽しく続けてくれたらいいなーと思っています。

まあ僕なんかがそんな心配しなくても多分「ブログが楽しくてしょうがない」と言わんばかりにすごい勢いでブログを更新していくんだろうな、とか、この人は誰になにを言われてもそんなにへこたれたりしないで、むしろそれも上等くらいの強いメンタル、というかブレないマインドセットを持っているんだろうなと思いますが。

ブロガー仲間がいたら励みになる(んだろうなーってうらやましい)

僕が年末年始を挟んで一ヶ月ほど、すっかりブログが嫌になって寝っ転がってマンガを読んだりアニメを見たりスーパーファミコンでゲームをしたりして過ごしていたら、ショッカーさんから「いいからブログ書けよアホ」的なリプライが飛んできたときに聞いたのですが、ショッカーさんはブログの運営が楽しくてしょうがなく、毎日5記事とか1日に10記事とか更新しているという話を聞かせてもらいました。

おいおい、中学生男子のオ◯ニーかよちょっとそこまでの更新ペースというのは1記事書くのに何時間とか半日とかかかっているような僕の能力では間違いなく超えられない壁すぎて真似できないのですが、ブログの運営が楽しくてしょうがないというのは本当に素晴らしいことだなあと思いました。

ちょうど僕もまた少しずつブログ書くかー、なにしろ僕には他にしたいこともできることもなにもないからなーと思ってブログをまた書き始めた頃だったのですが、ショッカーさんの「おいおい、こいつ大丈夫か?1日10記事更新って、シャブでもキメてんじゃねえのか?」と思わず警察に密告したくなるようなブログへのハイテンションな取り組み方にはとてもよい刺激をもらいました。

そういうことがあるとやっぱり同じブロガー仲間がいたりしたら楽しいんだろうなーとか、いろいろ励みになるんだろうなーということはすごく思うわけで、そういう意味ではそれこそ僕の悪口をブログに書いてそれを熱烈に支持するようなブコメをつけてもらえたりツイートされたり、そういう人たちも同じ志(僕のことを悪く言う)を共有する仲間同士という意味では楽しいんだろうなー、うらやましいなーと思ったりしました。まあだからってつくる気もないんですけど。

ただショッカーさんに関しては、先述のような事情もあってお互い特に親しく接していたということもありませんが、個人的にはすごくいい人なんだろうなーと思っていたので、大殺界ジョーカーの穀つぶしというアンチ大彗星ショッカーのブログをつくってひたすらショッカーさんの悪口を垂れ流す、というアイディアはちょっと残念だけどボツにしてあげようと思います。新しいブログに引っ越してもがんばってください。

人間の敵は人間。はてなブロガーの敵ははてなブロガー

これはなんか負けたみたいで悔しいから内緒にしていたのですが、先月の半ばくらいから最近まで、ブログを続けるのが嫌になってほとんど更新してませんでした。たまに無理やり更新してもめちゃくちゃ適当な記事だったり、正直あんまりいつまでもしつこくブログやツイッターでまつたけがどうだとかこうだとか粘着して悪口を言われるのが気持ち悪くて嫌になってしまったのです。

もちろん最初に引用した「あとはまつたけ氏が消えれば大分スッキリする」というショッカーさんの記事へのブコメなどはたまたま昨日見つけてこの記事を書くきっかけになったというだけで、底冷えするような悪意こそ感じるものの、まだ品もよくてましなほうです。むしろ「まつたけ氏」などと敬称をつけていただけただけありがたいと思ってしまったほどです。

実際にはもっとうんざりさせられるような露骨に悪意剥き出しのブコメがつけられたりもするわけですが、僕もブログを始めて3ヶ月経つのでいい加減はてなブログとかはてブとかいうのにも多少は慣れてきて、「あーこれはもうそういうものなんだなー、いちいち気にしてもしょうがないんだろうなー」ってことはわかってきました。

もちろんそういうものだということがわかったということと、そのことにまったく違和感を感じずに受け入れられるようになったというのは別のことなわけで、いまだにわざわざ人のことを嫌な気持ちにする目的でつけるブコメというのがわりとマジメに意味がわからなかったりもするんですが、まあ要するに嫌な気持ちにさせてやらずにはおけないほどお前のことが嫌いだってことなんだろうと思います。

でもそれより僕が嫌なのはいつまでもねちねちと粘着したり悪口を言いふらしているような人たちです。で、なによりその人たちが同じはてなブロガーだということが一番嫌です。

いつまでも僕が信者にはてブスパムをさせていたってツイッターで言いふらしてる奴が一人、ほんとに気持ち悪いから死んでほしいくらい嫌いなのはこいつだけなんですけど、いつまでもブログでねちねち僕の悪口を言っている奴とか、すきあらば悪口を言ってやろうみたいな人たちが他2,3名いて本当に嫌だなーと思います。そいつらの頭の上に隕石とか落ちればいいのに。

非暴力、不服従による嫌がらせのためにはてなブログを続けたい

別に同じはてなブロガー同士なんだから仲よくしようなんて気持ちはこっちにだってありません。慣れ合うつもりもありません。でも関わりたくないなら関わらなきゃいいのに、わざわざ相手に悪意を向けて嫌な気持ちにさせたり、悪口を言いふらしたり、そういう人たちは僕の方でも大嫌いです。そんな人たちに負けるのは嫌だなーって思います。

僕は結構負けず嫌いなのです。いや、ほかのブロガーに負けたくない、はてブ数で負けたくない、アクセス数で負けたくないとかそういうのはまったくないのですが、嫌な奴らの悪意や嫌がらせに誰かが負けて屈してしまうというのが、自分のことでも人のことでも昔からすごく嫌で許せなかったのです。

と言っても他の人のことまでは「絶対そんな奴らに負けちゃダメだよ!」なんてよけいな口出しもできませんから(それが言うほど簡単じゃない、しんどいことだってことも知ってるし)、せめて自分だけでも続けられる間ははてなブログでこのブログを続けて、僕のことが嫌いだからと言ってブログやブコメやツイッターで粘着質な嫌がらせをしてくる人たちに負けず、逆に嫌がらせをしてやろうという魂胆です(やることなすことみみっちい)。

逆に嫌がらせ、と言ってももちろんそういう人たちに対して僕もブログやブコメやツイッターで悪口を言い返すとか誹謗中傷を繰り返すというわけではありません。そんなふうにしてそういう人たちと同じレベルになってしまうのは絶対に嫌だからです(まあとか言って我慢できなくなったら「◯◯死ね」みたいなブログを書き始めるのかもしれませんが)。

でもそういう人たちにとっては、わざわざ目には目をのハンムラビ方式に嫌がらせなんてやり返さなくても、僕がはてなブログでブログを続けていることがもう我慢ならないくらいに嫌で嫌でしょうがないみたいですから、黙々とはてなブログでこのブログを続けること自体によってそういう人たちに対して嫌がらせをしてやろうという魂胆です。

合言葉はマハトマ・ガンジーの「非暴力、不服従」です(こんな低レベルな形で自分の精神を標榜されるとは天国のマハトマ・ガンジーも思っていなかったはずで、もしかしたらガンジーでも助走つけて殴るレベルで激怒してたりするかもしれませんが僕はむしろガンジーに殴ってもらえるなら光栄だと思っています)。


今こそ読みたいガンディーの言葉 ALL MEN ARE BROTHERS

まつたけのブログを今後ともよろしくお願いします☆彡

そのためには当然自分自身が楽しく続けられる必要がありますから、できるだけ嫌な人たちのことは気にしないようにして、って言っても悪口や誹謗中傷が目に入れば気になっちゃうんですけど、あんまり考えないようにして、早く好きなことや楽しいことを考えて忘れるようにして、僕は僕で自分が書きたいことを書きたいように書いていければいいなーと思っています。

嫌な奴に嫌がらせをし返すことを目的にしてしまっては本末転倒ですし、なんのためにそんなクソみたいな生き方をしているのかもわかりません。それに個人的にそういう人たちみたいに他のブロガーを悪く言ったり嫌がらせしたりして足を引っ張るということに楽しさを感じられるタイプでもありません。

嫌いな奴にねちねち粘着している暇があるなら少しでも自分がましなブログを書けばいいのにと思いますし、人のことはともかく、僕自身はそうありたいと思っています。もちろんそれでも僕のことが嫌いな人に言わせれば「どこがましなブログなんだよ、クソみたいな文章書きやがって、死ね!」ということになるんでしょうが、僕はわりと自分に甘い人間なので十分自己満足してて楽しいです。

そんなわけでここ10日くらい、再び少しずつやる気が出てきて自分的には結構一生懸命ブログを更新するようにしてたりします。今後もこの調子で楽しくはてなブログでブログを続けながら、僕のことが目障りでしょうがなく、執拗に粘着して嫌がらせをしてくる人たちに、結果的に不快な思いをさせてあげることができればいいなーと思っています。

というわけで今後ともはてなブログで楽しくブログの更新を続けていきたいと思っていますので、どうぞ今後ともまつたけ及びまつたけのブログをよろしくお願いしまっしゅるーむ!!!!!(ノ)`ω'(ヾ)おしまい。

広告を非表示にする