まつたけのブログ

世界の片隅で愛を避ける孤独なキノコの魂の叫びを聞け!…聞いてください(◞‸◟)猫とマンガとアニメと嵐をこよなく愛するまつたけによるまつたけのブログ

舌打ちやため息で他人のことまでイライラさせる人たち

舌打ちやため息は他人のことまでイライラさせてほんと非生産的だな~、って思うんですけどどうでしょう?

舌打ちやため息は他人のことまでイライラさせる

舌打ちやため息で「俺は(私は)今イライラしてるんだぞ、ムカついてるんだぞ」アピールをしてくる人っているじゃないですか。あれってなんなんですかね?なんか意味があるんですかね?自己満足以上の意味が。

 

僕は普段ほとんど引きこもりみたいな生活してるんですけど、半月に1回くらいスーパーに買い物に行きます。買い物って行っても卵しか買わないんですけど。タイムセールの1パック98円の卵を買うために、そのためだけに、毎回店の外まで続く行列に並んで必死の思いで卵を1パック買うんですね。

なんでそこまでして安い卵を買いに行くんだなどと、あまり残酷なことは聞いてくださるな(誰も聞いてないけど)、安いタイムセールの卵しか買えない身分だからに決まっているではありませぬか。。。で、僕は普段米かそうめんかうどんかパスタかラーメンしか食べない人間なんですね。

そう、食のバリエーションが豊富なようでいて炭水化物しかないんです。だから今どき特定の栄養失調になって変な病気になっちゃったりもしたんですけど、すでにお気づきでしょうがその話は本記事とはまったく関係ないので今度別に書きます。

でもまあ炭水化物だけだとさすがに人間は生きていけないのだなあということを悟りまして、それでせめてビタミンやミネラル、タンパク質の豊富そうな卵だけでも1日1個を目安に取るように心がけている次第です。

舌打ちがうるさいおっさんに不覚にも背後を取られた!!!!

で、そういう多分普通の人には想像もつかないような切実な必要性があるもんで、今日も年が明けてからはじめてのお買い物ってわけでタイムセールの行列に並んだのです。

そしたら僕の後ろに並んだおっさんがもう、うるさいのなんのって、並んでる間中終始舌打ちしてやがるんですよ。「ちっ、ちっ」って。

最初は「歯の隙間にものが挟まって気になってるのかな?」とか精いっぱい好意的に考えようとしたんですけど、顔を見たらどう考えても露骨に不機嫌そうな態度を丸出しにして「ちっ、ちっ」って舌打ちしていやがるわけです。

で、僕も行列に並んでいる間たしかにすることもなくて暇なので考えごとをすることにしました。「舌打ちやため息は他人のことまでイライラさせるなー。しかも舌打ちやため息をして他人のことまでイライラさせることになんの生産性もないなー。誰に対して舌打ちしてんのかもわからないけど、なんにしてもそれでこの行列が解消するわけじゃないのになー。舌打ちして関係ない他人をイライラさせて自分のイライラが収まるならまだしも、自分だってよけいイライラしてくるだけなんじゃないのかなー」云々。で、それを今こうしてブログに書いている次第です。

みんなそうなのに自分だけがイライラしてるみたいに舌打ちするアホ

たとえば想像なんですけど、奥さんに卵買ってくるように頼まれてムカついたファッキンとか、快諾はしたもののこんなアホみたいな行列に並ぶハメになるとは思ってなくてイラついたガッデムとか、なんかしらそういうイライラする事情があるだろうことは理解できるし、そもそも長蛇の列に並ぶのが好きって人は普通いないと思うんですよね。ある意味では並んでる人みんなイライラしてると思うのです。

それにも関わらずいい歳こいたおっさんが「ちっ、ちっ」と延々その長い行列に並んでいる間中ずっと舌打ちをしている。これはどういうことかと。それこそちょっと前までの僕なら自分もムカついてこれ見よがしに舌打ちをするとか、振り向いて「うるせーんだよ」って言っちゃうとかしてたと思います(おっさんと揉めてる間に卵を買い逃したら死活問題なのでいい子に我慢しました)。

なんなんでしょう?「俺は会社では偉い人間なんだぞ、本来ならタイムセールの卵ほしさにこんな行列に並ぶような人間じゃないんだ」みたいな意識なのかな?いや、事情までは知らないしただの一例なんだけど、なんにしてもそういうみんな嫌なはずの同じ状況にありながら、自分だけが特別にイラついている感を演出したり、またそうする権利が自分にはあるとでも思っている感じ、そういう感じがものすごく幼稚で嫌だなーと思いました(なのでブログに書いています)。

「俺はイライラしてるんだ、察せよ」はただの幼稚な甘え

まあ今の例ではおそらくイライラはしているもののそのイライラの対象が具体的で明確な存在ではない(長い行列といった状況にイラついている)、あるいはたとえば買い物を頼んだ奥さんといったイライラの具体的で明確な対象が存在するにしてもその場にはいない苦々しさ、などを舌打ちをするという行為で表現していたんだろうと思うんですけど、表現されてもなって感じです。だってそんなことしても本人から他人から嫌な気持ちになるばかりでそれで事態が改善するわけでもなくひとつもいいことなんてないんですから。

でも世の中には明らかに特定の相手のことでイラついたりムカついたりしているのに、それをはっきりと言わずに舌打ちすることやため息をつくことで「俺は(私は)お前のせいでムカついてるんだよ、察せよ!」と言わんばかりの態度を示す奴っているじゃないですか。感情表現という暴力って記事でそのあたりのことを書いたこともあるんですけど、そういう人がすごく苦手だし嫌いなんですよね。はっきり言ってそれってものすごく幼稚な甘えだと思うのです。

たとえば私事なんですけど、僕の男親はめちゃくちゃ舌打ちをする人でした。なんかあるとすぐ舌打ちしたりどすどす床を踏み鳴らして歩いたり、そういうほんとに幼稚でしょーもない人でした(もしかしたらだから余計に今日のおっさんも嫌だなーって思ってしまったのかもしれません)。

で、そうすることによって本人のお怒りをお鎮めになってくれるならまだましなんですけど、絶対結局そうはならないんですよ。そうはならずにどうなるかというと結局ボコボコに殴る蹴るされるわけです。そんなら最初から殴る蹴るでよくない?みたいな(よくねーけど!)

そんで言うに事欠いて「俺はムカついてたけどずっと我慢しててやったんだ!」って言うわけですよ。あんな露骨に舌打ちしたりどすどす歩いたりして殺気を剥き出しにしてたのに我慢もクソもないと思うんですよね。そんでビクビクしている僕がちょっとでもなんかすると「我慢してたけどもう許せねえ!」って言って暴行タイムになるわけです。舌打ちのプロセス完全に無駄じゃねえか!どうせ我慢できないならよけいにイライラを募らせたりしないで普通にすぐに怒ってくれたほうがまだましです。

ため息つきまくりババア、もしくはジジイ、おどれらも同罪じゃ!!!!

で、じゃあ僕の女親はどうだったかというと、これがもうなんかあると(あるいはなんかがないという理由で)すぐため息をつきまくる人なんですよね。これ見よがしに「はぁー」って。もうほんとそればっか。

家事に疲れてとかじゃないんですよ。明らかにお前に不満があるっていう意思表示としての「はぁー」なわけですよ。それはもう心底幻滅したと言わんばかりの態度と表情を満面に浮かべながら「はぁー」ってため息ついてくるわけです。これはやられたことある人にしかわからないと思いますがマジでハンパなくムカつきます。

で、ため息をついてストレスとともに不満を飲み込むのかというと、結局飲み込まないんですよ。っていうか人間そんなに器が大きくないからストレスなんて飲み込めるはずがないんですよ。結局男親と同じでキーキーヒステリーを起こして喚き散らすわけです。ヒスパニックです(違う)。「言わないように我慢してたけど」云々とか言いながら。結局我慢してねえじゃねえか!っていう。だったらそのため息のプロセス要らなくない?無駄じゃない?

普通に不満を感じた時点で言ってくれれば素直に改善できたかもしれないことを、そんなふうに自らの不満やイライラを増幅させるかのように、っていうか実際に増幅させながら、なおかつ他人のことまで嫌な気持ちにさせながら、そのイライラが頂点に達してから「言わないように我慢してたけどさ」なんて前置きで不満をぶつけられると、こっちとしても素直に言うことを聞きたくない、みたいになってしまうのが子供じゃなくても正直な人の心ってやつではないでしょうか。

まあなんにしても結局仕事から帰ってきた男親にあることないこと言いつけて、結局最終的に僕がボコボコにされる運命だけは回避不能なんですけどね。。。ほんと非生産的、略して非産(悲惨)だわ。。。

舌打ちしたりため息つくくらいなら言葉でちゃんと意思を伝えた方がいい

というわけでですね、なにが言いたいかというと、なんかムカついたりイライラしたりしたときに思わず舌打ちをしたくなったりため息をつきたくなってしまう気持ちはもちろん僕にもわかるんですけど、実際つい出ちゃうこともあるんですけど、そういう自然に出ちゃうもんでなしに、「俺は(私は)ムカついているんだぞ、イラついているんだぞ」アピールのための舌打ちやため息はほんと無駄だし非生産的で百害あって一利なしだからやめたほうがいいんじゃないかなってことです。

これ見よがしに舌打ちやため息をついて「お前にムカついているんだぞ」アピールをするくらいなら、はっきりその場そのときで「それ違くない?」でも「おかしくない?」でも「もっとこうしてほしい」でも、ちゃんと言葉で明確な形で意思表示したほうがいいんじゃないですかね。相手にとってそうであるのはもちろん、自分にとっても絶対そのほうがストレスも少ないしストレスの原因が改善される可能性も高いと思うんですよね。

もちろん今日の行列のおっさんみたいにイライラしているのが具体的な相手ではなくて行列という状況だったりする場合は、たとえばたまたま前に並んでいたという理由で僕にからんでこられても困りますが、みんな黙って並んでるのにいい歳して自分だけが不愉快な思いをしているかのような態度で舌打ちをしまくったり苛立ちを露わにして、おとなしく並んでいる人たちのことまで無駄にイライラさせるようなかっこ悪い真似はマジで幼稚で見苦しいからやめたほうがいいと思います。

まあ誰に言ってんだよって話で、僕がブログでこんなこと書いたからってそれで世の中がよくなると思ってるわけじゃないんですけど、行列に並んでいるときに後ろのおっさんに終始舌打ちをされ続けたことのストレスを僕は舌打ちやため息ではなくブログに書くことで発散しようと思った次第です。僕のストレス解消につきあってくれてありがとうございました。おしまい。


よくわかるアサーション 自分の気持ちの伝え方 (セレクトBOOKS)

広告を非表示にする